「堀江由衣をめぐる冒険III~Secret Mission Tour」に行ってきた。

当日に途中まで書いて、次の日から某音系・メディアミックス同人即売会の準備に入ってしまったので、だいぶ遅れてしまいましたよ…。と書いたのがGW後半。そっから更に1ヶ月近く経ってるよ…。面目ねぇ。一回サボり癖がつくとホントだめだなー。

というわけで、ようやく、3月~4月に行われたほっちゃんライブのレポですよ…。先にお断りしておきますが、無駄に長いです(ぉ

今回は6年ぶりのツアー(去年、一般にも開放されたライブ形式のファンクラブ集会ツアーとかはありましたが)だったので、ちょっと気合を入れて、NHK(3/16)、名古屋(3/20)、神戸(3/25)、国際フォーラム(4/27)と4箇所回って来ました。追加公演でもある国際フォーラムの最終公演が終わるまで、ネタバレ禁止令が出ていたもので、これまで何も書けなかったのです(NHKのときに雑感だけ書いたけど)。

というわけで、主に追加公演&完結編である、東京国際フォーラム公演を中心に書いていきたいと思います。内容の紹介とあとは本公演との違いなんかをざざざっと。参考のために本公演のセットリストも最後につけておきます(自分が行ってないNHK初日と福岡については、パンフレット情報より)。

ほっちゃんライブは全編がストーリー仕立てになってるのが特徴です。ツアータイトルからして「堀江由衣をめぐる冒険」ですからね。

今回のライブ、開演前にちょっと仕掛けがあり、開演55分前(開場5分後ともいう)と、開演25分前から、「エコーちゃんのやまびこ講座」というのがステージのスクリーンを使って行われました。「エコーちゃん」っていうのは、今回の話でキーになるキャラクターで、グッズにも描かれているキャラです。なんかこう、キ○ラ○とかいう単語が微妙に頭に浮かびそうになりますが、やまびこの妖精エコーちゃんです。

で、やまびこ講座ってのが何かというと、要するにコールの説明なのですね。歌がない部分での裏跳びとか、BメロのPPPHとかであれば、ライブ慣れしている人であれば、悩むことなく入れるでしょうが、ほっちゃんの楽曲には、そうじゃないもの曲ごとにオリジナルなものがあります。つーか、元々音源にコーラスだったりコールだったりが入ってる楽曲が結構あって、その部分は基本的にごっそり観客の役割になっとるのですw

そういうものを解説して、練習するというのが「やまびこ講座」です。自分的にも結構うろ覚えな部分とか、勘違いしてた部分とかが確認できたので、かなり助かりました。初参加の人なんかは事前に声出しもできるし、周りがやってるのを一度見れるしで、すんなり本編に入れたんじゃないでしょうか。こういう試みは面白いなーと思いますね。結果、ただでさえ統制が取れてるほっちゃんライブが、更に練度が上がる結果になっとりましたが(汗)。

で、本編です。

ほっちゃんライブは定時に始まることが多いのですが、最終公演は10分遅れで開演。まず、ライブに遅刻してほっちゃんが走っているシーンから始まるのも最早お約束w 今回はライブ会場に向かうつもりで、動物や妖精達が住む森に迷い込みましたw

山頂に着いて、「ヤッホー!」と叫んでいるほっちゃん。そこから「YAHHO!!」のイントロが鳴り始め、ライブ開始。やまびこ講座でちゃんとやってるので、みんなばっちりですw

数曲やって最初のMC。MCとはいっても、あくまでストーリーの中なので、芝居パートと言った方がいいかもしれませんが。

ほ「ヤッホー!」
客「ヤッホー!」
ほ「堀江由衣でーす!」
客「(歓声)」
ほ「あれ…なんかやまびこがおかしいような…」

こんなのをやってるわけでw ここでエコーちゃん登場。今日は追加公演なので、レインボーカラーというか、5色バージョン。ここで「森はミスモノクロームによって、色を奪われて、動物達は連れ去られてロボットに改造されてしまっている」という本筋の話が。ほっちゃんが歌っている間だけは色が戻るので、もう一度歌ってみてくれないかと頼まれる。

そうそう、このパートで、「やまびこの妖精はわたしだけじゃないわ、ほら後ろにこんなにいっぱい」というのがあるんですが、もちろん客席にいる我々のことです。

ほっちゃんライブでは、客席にいる観客は大抵何かの役割が振られます。今回は観客は「やまびこの妖精」って訳です。ツアーグッズに星のカチューシャがあるんですが、それが「やまびこの妖精」の証です。だもんで、今回の国際フォーラムでも、ファンクラブ枠が大半である一階席の人達は結構な割合が装着しておりましたw

そして、歌い始めた「CHILDISH LOVE WORLD」の中で、ミスモノクロームの兵隊が現れ、ほっちゃんは攻撃を受けて失神、エコーちゃんは連れ去られる。

場面変わって、森の中。ほっちゃんは動物の一家に助けられ、3日ぶりに意識を取り戻す。父ライオン(CV:藤原啓治)、母ウサギ(CV:林原めぐみ)、兄ヒョウ(CV:森久保祥太郎)、妹リス(CV:神田朱未)っていう家族構成はどうなんだと思ったけど、そこは触れない方向で。リスのお姉さんかわいいですw 今までのライブでは、ほっちゃんが兼役でいくつか声入れるのと、クマスターくらいしか声なかったんですが、今回はちゃんとCVがついてます。

「Endless Star」の中で、ほっちゃん+動物家族が松明を掲げるシーンでは、客席のリウムが一気に真っ赤に。このリウムの色変化は徐々に浸透していって、追加公演ではかなりの割合に。どんだけ複数回参加者多いねんw

その後は、エコーちゃんを助けに行くということで、ミスモノクロームの城への潜入シーン。転換の間は、モノクローム兵のダンスです(インスト曲で)。

潜入シーンは、ステージ上にモノクローム兵、客席通路にほっちゃん+動物家族という感じに。ここで色んな音声やら着メロやらがネタで流されるんですが、内容は日替わりで、一番ひどかったのは、NHK2日目の着メロで、「かなめも」の「ぺろーんぺろーんビキニはぺろーん」が流されて会場中爆笑にw

潜入が見つかり警報が鳴り始め、ほっちゃん+動物家族は散り散りに逃げる。すると、ステージ上に青くてノッポで細身のクマが…。見知った姿を見つけたほっちゃんはステージ上へ。しかし、クマスターはロボットに改造されており、またもほっちゃんは攻撃を喰らい崩れ落ちる。「ライブなのに、また殴られた…」。

転換後、白衣姿のメカクマスターが登場、スクリーンには「ほっちゃん大喜利」の文字。ラジオ番組(堀江由衣の天使のたまご)で募集されたネタが紹介されるコーナーです。お題は「ほっちゃんをロボットに改造。さて、どんな機能が追加された?」というもの。ちなみに、このネタも日替わりで、概ね会場周辺の人のが読まれてた感じかな。国際フォーラムは埼玉人ばっかでしたねw

そして、ロボットに改造されたほっちゃん登場。動きはメカメカしいダンスが中心、音声にもエフェクトかかったものって感じで「バニラソルト」から数曲。「アレ、ナニカ大事ナコトヲ忘レテイル…ヨウナ…?」という台詞で暗転。次はエコーちゃんを助けにきた動物家族のシーンへ。

動物家族は無事に縛られているエコーちゃんを見つけ解放する。エコーちゃんは自分を助けようとして捕まったほっちゃんを助けてというが、動物家族にはロボット改造された人を元に戻す方法がわからない。それなら方法はわかるとエコーちゃん。

その方法は、やまびこの妖精みんなで踊ることでしたってことで、振り付けコーナーw 今回の振り付け曲は日替わりで「スクランブル」と「笑顔の連鎖」。追加公演は順番からすると「笑顔の連鎖」かなーと思ってたのですが、「スクランブル」でした。というわけで、みんなでぐーるぐると手を振り回す。

一通り練習が終わると、そのまま「スクランブル」に突入。うん、これのイントロはすごい高まるねw ほっちゃんが復活して、そのまま2曲。

ここで「まさか、自力で元に戻るとは…。自ら手を下してやる」と、黒幕のミスモノクロームが登場。まさかの透過スクリーンに3Dモデルとして登場しやがりましたよ…。透過スクリーンと言われてわからない人でも、初音ミクのライブとかで使ってる仕組みっていえばわかるかしら。透明なスクリーンに立体像として見えるって奴です。そして「モノクローム」を歌い踊るという(いやまぁ、歌はほっちゃんの声を加工したものだけどさ)。

このミスモノクロームちゃん、初日はものすごいどよめきが起こったそうでw それ以降、なんかどんどん人気が上がり、登場すると同時に「もっちゃーん」とか「ものくろーむちゃーん」とか声がかかるようにw

この後は、モノクロームの軍勢と森の仲間たちの戦いが始まり、ほっちゃんがミスモノクロームの動力源である、単三電池を抜くことで決着します。「本当に単三電池1本で動いてたんだ…」というほっちゃんの台詞がイカス。

本公演ではまさにこれで決着なのですが、追加公演は違いました。なんと、メカクマスターがラスボスとして立ちはだかり、なんと巨大化するという展開に。巨大なクマスターの顔と手がステージ上部から下りてきてラスボス戦です。ここでかかった曲は「ヒカリ」。

2009年の武道館公演に参加された方はご存知でしょうが「ヒカリ」はそのときの振り付け曲で、ラスボス戦闘の曲でした。曲の途中では武道館のときに使った剣(スターウォーズのライトセーバーみたいなの)が登場し、ほっちゃんが武道館の振り付け(通称「ヒカリの舞」をやり始めたので、それまで振付けていいのかまごまごしてたのに、みんな一斉にやり始めるというある種、武道館の再現。そして、メカクマスターは動力源の単一電池を抜かれて、ケリがつきましたとさ。

追加公演のスペシャルはまだ続きます。ヒョウさんが「俺のメヒョウちゃんを返せ!」という台詞があるのですが、そのメヒョウちゃんが登場。CVは、ちあKINGこと、たかはし智秋。ダンサーさんが動きはやってるんですが、一瞬、本人が出てきたかと思ったよ、マジでw まぁ、豹柄といえばたかはしさんですよね、えぇ。台詞も「ジューシー」とか「ポーリー」とか「今夜はチュパリコ」とか容赦がありません。

で、2回目(今度はフルバージョン)の「CHILDISH LOVE WORLD」を全力で突っ走り、あとは「Lady Go!」だ、と思ったら、「Lady Go!」の前に、なんと「daisy」が挟まって、うれしい悲鳴。すごくうれしいんだけど、かなり息も絶え絶えになりました…。この飛び曲の流れの中に、更に1曲入ると、かくも体力を消費するものか(苦笑)。

そして、「Lady Go!」と「秘密~待ち合わせ~」で本編が終了。最後のエンディングムービーも追加公演仕様。今までは、最後に次の会場周辺の映像が流れ、クマスターが単三電池を拾って、次回へ続くだったわけですが、追加公演ではエコーちゃんが単三電池をミスモノクロームに装填し、ミスモノクロームがカラフルになるというハッピーエンド。

この後は、おまけコーナーというか、芝居的にはカーテンコールになるんですかね。ライブ的にはアンコールかな。つっても、エンディングムービー終わってすぐにほっちゃんが出てくるので、いわゆるアンコールをやる場面はないですけどね。

今回のアンコール、本公演では、「桜」、あみだくじで決めた曲、「happy happy*rice shower」だったんですが、追加公演は、もう桜の季節じゃないのでということで、「桜」のかわりに「kiss to you」、桜も入ったあみだくじから2曲、「happy happy*rice shower」という流れでした。

いやー、しかしほっちゃんライブはほんと楽しいなー。わたし自身が芝居好きで、統制されてるライブも好きってのはあるんだけど、みんなでなんかやってる感がすごく楽しいですわ。次のライブがいつのになるかわかりませんが(何せ、一般向けライブが武道館以来だしなw)、ぜひみんなに来てほしいライブですわー。

冒頭にちょろっと書いたネタバレ禁止もファンの間じゃかなりきっちり守られているし、多分そのせいでツアーパンフが作られないことが多いんじゃないですかね。ほっちゃんファンをtwitterでフォローしてる人だと、ライブ終了後に「ほっちゃんかわいかった」とか「二の腕思ったより細かった」とかいうつぶやきを見たことある人もいると思うんですが、あれはそう書けと指示が出てるからです。ネタバレはだめだけど、そういう決まった感想は書いてもいいよとw

今回は追加公演だけ、パンフレットがあったんですが、それも「終演後まで決して開けないように」というカバーがかけられているという念の入れよう。しかし、全通とかしてる人間も多いので、どんどん練度は上がっていく訳ですが(苦笑)。

以下、セットリスト。

追加公演(東京国際フォーラム)

1.YAHHO!!
2.Love Countdown
3.ラブリエブリデイ
4.CHILDISH LOVE WORLD
5.秘密 ~君を見てた~
6.Endless Star
7.バニラソルト
8.Coloring
9.見つめられたら~when I fallin’love with you~
10.きれいな風が吹いている
11.スクランブル
12.PRESENTER
13.True Truly Love
14.モノクローム
15.MISSION
16.インモラリスト
17.ヒカリ
18.CHILDISH LOVE WORLD
19.daisy
20.Lady Go!
21.秘密 ~待ち合わせ~

以下、アンコール
22.kiss to you
23.I wish
24.Love Destiny
25.happy happy * rice shower


本公演(NHKホール、名古屋、福岡、神戸)
日替わり曲は、(1)NHK1日目、(2)NHK2日目、(名)名古屋、(福)福岡、(神)神戸

1:YAHHO!!
2:Love Countdown
3:ラブリエブリデイ
4:Days
5:CHILDISH LOVE WORLD
6:秘密~君を見てた~
7:Endless Star
8:バニラソルト
9:Coloring
10:見つめられたら~when I fallin'love with you~
11:Silky Heart
12:きれいな風が吹いている
13:スクランブル(1)(名)(神)、笑顔の連鎖(2)(福)
14:PRESENTER
15:True Truly Love
16:モノクローム
17:MISSION
18:インモラリスト
19:CHILDISH LOVE WORLD
20:Lady Go!
21:秘密~待ち合わせ~

以下、アンコール
22:桜
23:I wish(1)(福)、Love Destiny(2)(名)、Happy love to you(神)
24:happy happy*rice shower


スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク