スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」に行ってきた。

早くも最終公演から2週間近く経っているわけですが、そろそろ精神的にも日常が戻ってきて、気づいたら書かないといけなものがかなり溜まってきている状況…。というわけで、アイマス8周年ツアーのレポを書くよー。

今回は、色々なめぐり合わせとか、ご縁とかにより、横浜公演のライブビューイングを含めて、全公演を見ることができました。各公演ごとのレポについては、各メディアや熱心なPの方々が山ほどレポをあげておられるので、そちらをご参照いただくとして、各公演の雑感とか、全体通した総括的なものを中心に書いていきたいと思います。まぁ、なんせ、最初の名古屋公演なんて、3ヶ月近くも前なわけで、細かいことなんか、今更書けっこないのだよ…(ぉぃ)。

というわけで、各会場ざっと雑感をまとめておきます。まぁ、それだけじゃ雑すぎるので、洋ゲー専門のライターだったのに、50絡みで突然アイマスにはまってしまった4gamerの松PPの公演レポも貼っておきますので、詳細なの見たい方はそれをご参考にw



■チケット大戦のこと

まー、なんつーか、今回のライブツアーではこれに触れない訳にはいかないよなぁという。

ライブの先行申込券が付いたのが、コロムビア側のCDではなく、ランティスの「Thank You!」だったり、それもかなり発売間際のタイミングで出てきたもんだから、あっという間に各店の予約票が狩られる事態に…。

この辺の事情はよくわからんけども、一体なんだったんだろうね…。素直に考えると、テコ入れなんだけど、それにしてもなんか不自然だったよなぁ…。ちゃんと事前に発表されてれば、ショップだってもっとちゃんと仕入れられたのにねっていう。そもそも、ほとんどがコロムビア原盤の曲で構成されてるライブなのに、なんでランティスのCDについてるのかってのが、釈然としないところでありまして…。序盤の名古屋・大阪なんてランティス原盤曲はゼロですよゼロ…。「Thank You!」買って応募してるのに「Thank You!」聞けないとかねぇ…。

そして、このCD先行の当選パターンを見ると、ちょっと抽選方式について、疑いたくなる部分があったりするんだけど、まぁ、そこは憶測にしかならないのでやめておく(自分は当事者になりえない内容なので)。

個人的に、今回大変だったなーと思っているのは、ウェブ二次先行以外の販売方法がすべて「1枚限定」だったことなんだよね。いつもであれば、それなりのコミュニティに所属してる人であれば、チケットの融通ができたんだけど、今回はそれが非常に難しかった。だから、大抵は自力でなんとかした範囲が来てたって感じよね。実際、ライブ会場で周りの人に話を聞いたところ「やっとチケット当たって、初参加です」って人が何人かいらしたので、そういう意味では良かったのかなーとは。複数枚前提だと、どうしても大きなコミュニティが有利になるからね。ま、俺ら老害だしな…。



■愛知・Zepp Nagoya(7月7日)

つーわけで、初日の名古屋。初日ということもあり、物販が爆発してましたね。物はかなり売り切ってたから、捌きが悪かったわけじゃなくて、普通に人数読み間違えたってとこですね…。当日は、7月上旬とは思えないえらい気温と日差しで、わたしゃさっさと物販は断念して、レジャランに引きこもっておりましたが(苦笑)。

そういえば、前回の名古屋は2年前の6thですが、そのときはちょうどアニメの1話が放送された直後だったんだよなぁ。名古屋は1週遅れだったから、まだ放送されてなかったのに、某所でエンドレス再生されてたりしたっけ…。

そして、開場時間。アイマスのスタンディング公演は、前方の人がスペースを取り過ぎて、後ろがぎゅうぎゅうになるというのがいつものパターンですが、今回もまさにそれで…。開演間際に「前あいてるよー」と叫ぶ羽目に…。

アニメでだいぶ人増えたから、この辺ちょっと変わるかなと思ったんですが、全然変わりませんでしたね(苦笑)。声優系だと、最近は開演と同時に前に押し込まれるライブが多いですが、場所を確保するために、後ろにみんな下がってくるのはアイマスくらいじゃなかろうか…。

開幕「神SUMMER」は正直、完全に予想GUY。更に「太陽のジェラシー」に「MOONY」とか、ほんと何事という感じで…。でも、久しぶりに中村先生の「太ジェラ」は素直にうれしかったです。ちなみに、今回もバンドが入っていて、Gt、Bs、Drsのスリーピース。Gtの慶くんだけ、冬フェスから引き続きで、Bs、Drsは新メンバー。

今回のツアーもリーダー制、名古屋のリーダーは、今井・中村とアケの2トップコンビ。今回のツアーは、事前に各リーダー達へのリクエスト曲が募集されていたわけですが、ここで歌われたのがまさかの「HELLO!!」。アイマスDSの主題歌ですね。アイマスの夏冬のライブでは、多分4th東京でのお披露目時に、花澤さんととまっちゃんが歌って以来じゃないですかね。

そして、今回のある意味、目玉というか中心イベントである、ソシャゲ組からのゲストは、シンデレラガールズから、しまむらさん役の大橋彩香、城ヶ崎・姉役の佳村はるか、城ヶ崎・妹役の山本希望の3名。ガチガチに緊張してる城ヶ崎姉妹に対して、とても楽しそうなはっしー…。ほんとこの娘すごいな(苦笑)。

ソシャゲは正直、快く思ってない人はそれなりにいるのはいるんだろうけど、ライブとしてはとても暖かく…というか、割と熱狂で迎えられた印象。

・全国ツアーの開幕を告げるアイマス8周年記念ライブ,「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!! @NAGOYA0707」レポート(4gamer.net)



■大阪・オリックス劇場(7月20日、21日)

物販は名古屋から回ってる人が多いのか、また2日間あるせいか、朝の列は結構なものではあっても開演近くなると、待ち時間なしという状況に。2日目は更に楽な状態で午後には自由に買える状態。まぁ、正直、これくらいが理想ではあるよねーとは思う。

面子は変わったけど、相方を変えることでセトリは変えないという方向性が見えてきた大阪公演。初日と2日目のセトリはゲスト絡みのところ以外は完全に同じ。

大阪公演のトピックは、ついに「キラメキラリ」の「ギターソロ、かもーん」がリアルギターソロで再現されたことでしょう。割と感慨もひとしおw

あとはもう定番と化しつつある、仁後ちゃんと若林神の「愛LIKEハンバーガー」もいいですなー。ほんと楽しそうで。

大阪のリーダーは、仁後・滝田コンビ。リクエスト曲は「きゅんっ!ヴァンパイアガール」。樹里きち混じってのこれは貴重な感じがしますね。冬フェスからこっち、樹里きちも完全にガールズ枠になっていて、普通にいろんなユニット状態で曲歌うようになってきてるのが、ちょっとうれしい。

あーあと、仁後ちゃんの「Slapp Happy!!」もびっくりしたなぁ。しかも、サンバホイッスル自分で吹いてるし。

ゲスト枠は、シンデレラ組で、杏役の五十嵐裕美、きらり役の松嵜麗、3人目は日替わりで初日がみく役の高森奈津美、2日目がちゃんみお役の飯屋こと原紗友里。ゆきんこは多分デレマス関係のイベントは一番出てる人だけども、なんか覚醒し始めた感じが…。なつ姉も飯屋もほぼほぼ初めてという割に堂々としたもので。

・アイドルマスター8周年記念イベント「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」の大阪公演をレポート。大阪ですよ,大阪(4gamer.net)



■横浜・パシフィコ横浜 国立大ホール(8月4日)

今回のツアーで初めての関東公演、ライブビューイング付。

初の関東公演だったからか、またしても物販が爆発。だいぶ前に並んだのに開演時間がやばそうな人達もちらほら出てたようで…。つか、根本的にアイマス物販は種類が多すぎるんだよね。その上、会場ごとにどんどん物が増えていくし。

自分はブルク13でのライブビューイングだったので、パシフィコに入場する身内の方々を見送ってから、劇場へ。さすがに本会場から徒歩圏ということで、大変に熱いライブビューイングでしたよっと。

セトリ的には面子が変わった分、曲は変わっているけど、基本的には名古屋・大阪のセトリを踏襲している印象。

リーダーは長谷川・浅倉コンビで、リクエスト枠は「Inferno」。あっきーは歌ったことあるイメージなんだけど、どうだったっけ(苦笑)。あずみんは意外な選曲って印象なんだよね。

ゲスト枠は横浜からが、ミリオンライブ組。百合子役の伊藤美来、静香役の田所あずさ、未来役の山崎はるか。そういや、はるにゃんはしばらく前にもここでライブやったよなーとか思いつつ…。結構緊張感は見てとれたけど、しっかりと役目を果たした感じ。特にころあずは歌安定してますな。つーか、ミンゴスのデレデレぶりが正直鬱陶しいレベルでした(苦笑)。

あ、そうそう。今回のツアーで初めてガミPが登場。まぁ、特に新しい情報もありませんでしたが…。終演後には赤羽根Pが登場して、劇場版のガヤ収録が行われた…らしいゾ? 俺は桜木町の駅前で、現場組遅いなーって待ちぼうけてたけどな…。

・赤羽根健治氏もサプライズ出演した「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」横浜公演の模様をレポート(4gamer.net)



■福岡・Zepp Fukuoka(9月15日)

横浜から1ヶ月以上あいた福岡。福岡でのアイマスライブやるのは3回目だと思いますが、初めてチケットが売り切れたヨー。まぁ、最近のファン層拡大に加え、くぎゅうが地方公演に降臨だし、元々古参の間では「福岡は何か起きる」という認知が広がってるしね。

会場周辺とか、帰りのバスとか、何人かの方とお話ししましたが、ひとりも福岡の人がいなかったのが笑えない(苦笑)。たまたまかもしれないけど、みなさん、関東・中京・関西のいずれかの方でしたよ。

で、物販の方は限定CDが追加されてたりはしたものの、まぁ、ある程度のタイミングで列ははけてました。まぁ、遠征民が多ければそうなるよねと。

割と積極的にスタッフが前の方に突っ込もうと頑張ってたので、名古屋よりは後ろの状況はマシだったのかなぁ…?でもまぁ、開演するとみんな後ろにじりじり下がっていくのは相変わらずw

セットリストは、開演前の社長のお言葉でも予言されていたように、がらっと変えてきました。オープニングに今までアンコールに入っていた「READY!!」がやってくるという。その後も、後半のソロコーナーで歌われてた曲が前半に持ってこられていて、後半にはグリマス系CDのソロ曲が入っていくという展開。そして「READY!!」が入ってたアンコールは「自分REST@RT」が。開演前に流されている曲は歌われないという、半ばアイマスライブのジンクスがあるんですが、それが崩された瞬間(本編では歌われないという主張は成立するかw)。

リーダーは釘宮・原コンビ。なんか天然というか、ほんわかしてそうなコンビですが、ある意味で一番ちゃんと進行してたんじゃないかなぁ。はらみーの成長っぷりは、おっちゃん涙が止まりません。リクエスト枠は、くぎゅうが一生歌うことはないと思ってたという「オーバーマスター」。貴重なものが聞けて大満足ですよ…。

ゲストは横浜に続いてミリオン組で、星梨花役の麻倉もも、杏奈役の夏川椎菜のお二方。この組み合わせはずっこい気がするなぁ(苦笑)。むしろゲストこそが目当てって層がそれなりにいた気がしますね。獣になるのはやめれw とりあえず、またゲストコーナーでは、ミンゴスが仕事してなかったw

・「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」福岡公演をレポート。ツアー後半戦に向けて,これまでとはひと味違ったライブに(4gamer.net)



■千葉・幕張イベントホール(9月21日、22日)

東京ゲームショウ内のイベントという扱いになっていた最後の幕張2days。まぁ、そのせいで、わざわざTGSのチケットが自動的に抱き合わせ状態になっていた幕張チケット。正直「いらんよ」って人多かったよねぇ…。まぁ、せっかくだからってことで、足を運んだ人も多かったと思いますけどね。実際、中はやたらとアイマスのライブTシャツ着てる人がいましたからw

物販については、朝は結構すごかったみたいだけど、開場近い時間になると列がなくなる状態で。むしろ、アイマス物販の対面にあった、TGSの一般入場列の方が遅い時間はひどかったなぁという。

さすがに、一番でかい会場で、関東で最後ということもあり、最初からえらいことになってましたな…。セットリストの方向性という意味では、福岡のものを引き継いだ感じだけど、「READY!!」で開幕の後「乙女よ大志を抱け!」「キラメキラリ」ときて、おいおいと思ってたら、更に「いっぱいいっぱい」ですからね…。ガチで殺しに来てると思いましたわ、えぇ…。

でも、そのお陰で、序盤から一気に弾けた感じで、一気に最後まで突っ走った感じですな。てっきり、幕張は参加人数多いからソロ枠をデュオ枠に変えて、曲数絞ってくるかと思ったら、がんがん増やしやがってたからなぁ…。入場料金高いだけのことはあるってか。

リーダー枠は沼倉・下田・若林の3名で、リクエスト枠は「It's show」。うん、これも完全に意表突かれた。幕張はこれと、ぬーソロの「まっすぐ」、神ソロの「Dazzling World」がびっくり枠。神なんて秋月家のコラボだからなぁ(初出はアイマスDSの秋月涼の曲)。

ゲスト枠は、シンデレラ組からしまむらさん役の大橋彩香、凛役の福原綾香、ミリオン組から静香役の田所あずさ、未来役の山崎はるかと合計4名。このうちふーりんだけは、ツアー初登場で、見てて可哀想になるくらいガチガチになってた…。2日目はだいぶ慣れた感じだったけど、それでも感極まってたなー。2回目の登場の3人はしっかりやってた感じね。

・[TGS 2013]次へ続く道が明らかにされたアイマス8周年ライブ「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」をレポート(4gamer.net)



■つーわけで、まとめ

今回のツアーは、やっぱりソシャゲ組も仲間だよーって宣言するのが、一番の目的だったのかなーってのは、率直な感想です。色々思うところがある人はいるでしょうが、みんな一定の存在感は示したんじゃないかなと思います。正直、盛り上がりを心配してた部分もあったんだけど、むしろ大盛り上がりな感じで、ファンの熱という意味だけなら、むしろ765勢を食う勢いだった部分もあるしね(もちろん、目新しさという要素はあったにしても)。

あとは、曲の再発掘というか、懐かしい曲やら、やったことなさそうな曲とかも拾ってきて、基本はアニメで使われた曲が中心だけど、それ以外も色々ちりばめた選曲だったなと。

あと、色々大変なんだろうなーとしみじみ思ったのが、今回全員曲を除けば、全部ソロかデュオだったこと(唯一の例外が、リーダー3人だった幕張の「It's show」)。これだけ人数いると、集めるのも大変だし、バンドが入ったことでそっちとの調整も必要になりますしね。その辺の理由からの配慮、というか現実的な対応なんでしょうな。

ただ、アンコールではバンドが出てこないってこともあり、バンドを使った煽りは相変わらずほとんどないんですよね。その辺はちょっともったいないなぁと。最後の締め曲でバンド使って最後がんがん引っ張るとか、やったら面白いんだけどねぇ。最後バンドいないから、場数も踏めないじゃないか。

まー、しかし、今回全会場回って、やっぱり何より「楽しかった」ってのが最初に来るよね。まだまだ、展開が続きそうってのもうれいいことだし、まぁでき得る限り、見届けていきたいなと思ってますよ。

この幕張2日目の席上、来年2月22日、23日にさいたまスーパーアリーナで、765組、シンデレラ組、ミリオン組、合同のライブ開催の発表がありました。今回のツアーが地均しで、それを踏まえてのお祭りとなるでしょう。でも、初日は某シンデレラ組面子の単独どかぶってるんで、どうしたもんかという感じですが…。

例年、大きいライブは夏のAnniversaryで、冬は比較的小規模なのが多いのに、今回こんなでかい会場持ってきたってのは、このチケット状況見て、10周年の会場決めるのかなーって思っています。大体1年半くらい前になるから、でかい会場押さえるにはいいタイミングなんですよね…。というわけで、10周年はひょっとするとひょっとするかも知れんよ?

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。