アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」#12

よし、なんとか13話の放送前に書けたぞ、俺頑張った。

というわけで、アニメ12話、サブタイトルは「The magic needed for a flower to bloom」、「花開くための魔法」かなぁ。まぁ、ニュアンスが伝われば、それでよい(ぉ

全編、劇場版の合宿シーンをなぞったような印象があるなぁ。テーマはまんま「団結」ですね。このいわば765組の基本的なテーマといえるものを、765組が合宿した地でやるというのが、何からしいなと思えますね。

しかし、この合宿、全然大人がいなくてどうなってるんだって感じなんですが…。武内Pしかいなそうなんですよねぇ…。新曲追加とかいってるのに、誰が振付教えるんだよ…。まぁ、見えないところでトレーナーさんがいるんだと思おう…。その大人である武内Pが別件で合宿所を離れている間、美波に取りまとめが依頼される。

全員参加の新曲の練習をしてみるが、ばらばらでまったくあわない。みんな余裕がないために、ネガティブな意見がさまざまな出てくる。まぁ、ニュージェネは初ライブはうまくいっていないと思っているし、*の2人は活動始めたばかりですしね。そういう感想が出てくるのはすごくよくわかる。ちなみに、この初練習のときの時計が15:00。ここまでの例にならって、分針の位置が状況を示すのだとすれば、0の状態であるという暗喩になります。

悩んでるみんなの様子を見ながら、心理的にアーニャに背中を押された美波が打ち出した方策が、とにかくチームワークを作るためのレクリエーションだったと。

*の2人が進行をやり、残りがユニットごと(LoveLaikaは蘭子追加)なわけですが、これって、Cuteチーム、Coolチーム、Passionチーム、各属性1人ずつのニュージェネチームって構成なんですよね。これは結構深く意味が載せられてるような気がします(それが何なのかはまだ思いつかないw)。

暗喩という意味では、気になってるのが美波の位置で、最初のリレーでは美波がトップ、それ以外は全部美波がドベなんだよね。深読み系で考えると、まず美波がかっ飛ばして姿勢を見せて、あとは後ろから支えたということになるのかしらね…。今回は高雄監督のコンテ回ではないんだけど(あ、EDだけは監督コンテね)、かなり暗喩がちりばめられてる気がします。

各ユニットの動きも、まずユニット内の結束が高まっていって、三人四脚あたりでは全体を盛り上げる雰囲気になり、最後の大縄跳びでは、まさにプロジェクト全体でひとつのことに取り組んでいくという展開が美しくて(まぁ、ちょっと出来すぎともいえなくもないw)。

蘭子もうまく取り込んだがのいいよね。夜のモノローグで、自分はひとりでやってるからと悩むシーンから、美波・アーニャチームに取り込むあたりが、すごくいい。最後にはとても蘭子の表情がよくなっている(まぁ、それはみんなだけど)。

前述のように、EDは高雄監督のコンテなんですが、まぁ色々こめられてそうではあるな…。そして、出てきた765組のサイン色紙。ちゃんと、この世界はつながっていることを明示してくれたと。

さて、いよいよ次回(っていうか、もうすぐだけどな)は13話、1クール目の最終話です。先日のイベントで出されたキーワードは「いっぱいのサプライズ」と「歌」。正直23分じゃ全然足りない気がするんですけど、大丈夫ですかね…。

P.S. なんかふと思い出したので、超久しぶりにAmazon商品リンクはってみた。どちらもAmazon壁紙はついていない方にリンクしていますw

■アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」(公式)

スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク