「志らく一門会」(12/5)に行ってきた。

連続イベント4日目。そろそろ微妙にへろへろになってきた(苦笑)。

というわけで、上野広小路亭で行われる最後の志らく一門会に行ってきました。志らく一門会は、次回から内幸町ホールに移ります。平日にも関わらず、最後だからか、はたまた家元が亡くなったタイミングだからか、超満員になっていました。これだけ隙間なく入ったのは随分久しぶりな気がします。

真打トライアルが始まる前の一門会は、毎回前売完売にはなっていたものの、数席の空きがあることは多かったんで、見渡す限りどこにも空きが見えないってのは、いつ以来だろうという印象。

では、出演順にほとんど一言ずつの感想を。

開口一番はらく人さん、根多は「子ほめ」。割と最近入った人ですよね。高座で見るのは初めてかも知れない。まぁ、今回の雰囲気はちょっと酷だったかも知れぬ(苦笑)。

続いては、らく里さん。根多は「長短」。家元の話をミスリードさせようとして、すべり気味(苦笑)。この人はわたしゃ、ざま昼席で前座時代をさんざっぱら見てるので、感慨深いものはあるなぁ…。もうちょっと「長」側を引っ張った方がいいのかなぁという気も。ただ、押してた時間を定刻に戻したので、それは酷ってもんか。

志ら乃さん。根多は「平林」。なんか、真打昇進決まってから、俄然元気になってきたねぇ…。ほんと憑き物が落ちたみたいというか。家元が亡くなったことについて、色んな落語家への取材の話なんかを枕に、「家元と縁のある話ではなく、根多おろしみたいな話を」とのことw 志ら乃さんの、こういう滑稽話は、好きだなぁ。

中入り後、こしらさん。根多は「風呂敷」。冒頭の第一声が「はい、真打です」という、ある意味いつも通りのノリ。真打昇進に関する話をちょっと、avexから出た落語CDの宣伝、その他グッズの宣伝で時間を使うw 根多に入った時点で持ち時間5分という状況で、当然のように10分ほど引っ張りました。例によって面白いんだけど、落語としてはどうなんかなぁという根多でした。新さんを、本当の間男にしちゃいかんと思うんだがなぁ…。

トリはいつも通り、志らく師。根多は「黄金餅」。しばらく家元の話。他でもされている話ですが、見舞いに行った話や、亡くなった日にやたらぞわぞわして、見舞いに行きたいと申し入れていた話。夢に家元が出てきたという話。あとはtwitterとかでも言っていた「談志が死んだことで、現代落語が崩壊した。これから弟子達で復興させる」という件についてしばしの説明。

そうして、家元に縁のある噺を、ということで「黄金餅」。うん、ほんと気持ち悪いし壮絶な噺ではある。でもなんというか、登場人物の必死さがまた心に迫る噺でもありますな。なんだかんだで、志らく師の「黄金餅」は結構聞いていますが、なかなか鬼気迫る噺であったかと。

というわけで、広小路亭での最後の一門会が終わりました。あの雰囲気は結構好きではあるんですがね。後ろの方だと、人の頭が邪魔ですごい見づらかったりはしますけどw あと、一門会の後にデリーでカシミールカレーを食べる習慣がついてるので、それもちょっと寂しいなw

つーわけで、冒頭にも書いた通り、次回1/9(月・祝)の会からは、内幸町ホールでございます(座席も自由席じゃなくて、全席指定になります)。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク