スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートPC、ネットブック、タブレット。

例によって、かなり今更な雑感なんですが、まぁ付き合ってくれ。

最近、5年もののノートPCの調子がすこぶる悪く、やむを得ず新しいのを注文しました。んでまぁ、ふとノートPCの必要性について、色々考えてたわけだ。

自分の場合、どうしてもノートPC使ってコアな作業をやる必要性があるので、それなりのパワーがあるノートPCは必須なのですが、そもそもノートPCに限らず、まともなPCが必要な人がどれだけいるのかって思うと、実はかなりマイノリティなんじゃないかと。

しばらく前から、デスクトップPCは結構普及していて、その後ノートPCの波が来て、ネットブックの波が来ました。ネットブックが世を席巻していた時も「大体の人はコアな作業なんてやらないから、ネットブックくらいのパワーのマシンでも問題ないよね」なんて話はよくしてたわけですが、最近はiPadをはじめとするタブレットが猛威を振るってますよね。ネットブックは曲りなりにWindowsPCでしたけど、タブレットとなると異なるOSで動いてて(まぁ、Windowsが動いてるものもありますが)、そもそも、製品のベクトルが変わっちゃってるわけですな。

とはいえ、冷静に考えて、PCなどの端末を何に使うのかといえば、大体の人はメールにウェブ巡回、あとは最近だとSkypeとか、mixi/twitter/Facebookとか、概ねネットワーク端末としての用途が多いと思うんですよね。あとは、音楽再生とか、動画再生とかまで含めれば、相当な割合のユーザーはカバーできる気がする。

そして、その程度の用途なら、タブレットで十分なんだよなぁ。ネット端末として使うなら、フルキーは触る必要がないし、設定とか色々面倒なことも多いWindowsPCより、iPadとかの方が楽な部分も多いだろうしね。電源入れてすぐにアプリが使えるってのは、ものすごいアドバンテージだと思うしね。

まぁ、そういうことを考えていくと、PCはある時期に一気に一般化したわけですが、ことパーソナルユースという観点では、しばらくすると、またマニアの製品に戻っていくのかなーなんてことをつらつらと考えておりました。

もちろん、ビジネスの世界で、タブレットがPCに置き換わっていくなんてことは夢にも思っちゃいませんが(出先用の通信端末という意味なら、それなりの地位は獲得しつつあるけどね)。

もし、そういうことになったら、それはそれで寂しいものがあるなぁ…。やっぱりPCの救世主はゲームなんかねぇ。いや、その時点でやっぱりマニアック路線は避けられんな(苦笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。