アニメTHE IDOLM@STER 24話。

さて、残り2話ですよー。

というわけで、いつものように本編は「続きを読む」から。











すごい引きから続いてきた、今回の24話。

さっくり、ミュージカルの主役は春香に決まるのね…。役と実際の状況がシンクロしてしまって、はまり込んだってパターンなんだろうなぁ。

美希が春香に言う「楽しそうじゃない」ってのは、ひとつのキーワードですな。最初は楽しいからやってたことが、当たり前になり、逆に縛りになって、強迫観念になっていくという。

バラバラに仕事をしていることについて、各メンバーは仕方のないことだと捉えているわけだけど、いろんな人にそれを指摘されて、何か違和感を感じてるって印象はありますな、Aパートの流れは。しかし、なんで、美希はくじらの背中なんぞに登ってるんだ…。

そして、春香の家は本当に二宮なんだなぁ…。はっきり、二宮交差点だとわかる看板出てくるしw そして、自らライブ準備をしているあまとうさんと遭遇。都内のライブハウスじゃなくて、こんな地方公演やってるんだ…ってツッコミは無粋だよな、やぱし(苦笑)。まぁでも、すっきり楽しそうではある。

赤羽根P、セリフあって良かったわー。千早が765プロを家族と称したのは大変な変化だよなぁ。そして、なんだか、りっちゃんが右往左往してるのがなんだかなぁ…。

どっかで見たような子供達と春香は歌を歌う。そして、その様子に765プロの面々を重ね、そして子供春香の幻影が…。その対話を通じて、春香はアイドルになりたいと思った根本を思い出す。

そして、同時に千早が765プロの面々に対して、春香の思いを代弁する。印象薄かったかも知れないけど、春香の行動や表情はきっちり描かれていたので、アニメを見ている側からすれば、春香の想いは大体読み取れていたはず。でも、周りの人間にはそれは意外と見えないかもなーってのが正直な感想だったりする。765プロの面々は、春香がリーダーというか、精神的な軸になってるのは認識しているはず。でも、それが何に起因するかっていうのは、見えなくても不思議ではないなぁ。いわゆる委員長体質に見えてたんじゃないかって気はする。でも、実際の春香の行動は、そういう義務感的なものではなく、「私がこうしたい」なんだよねー。

そういう意味じゃ、ものすごいエゴなんだけれども、本来765プロのみんなは最初はそれを志向してたはずなんだ。現状に押し流されていた部分はあったにしてもね。

最後の765プロからの中継はどういう形でやってたのか、よくわからないけれど、さすがにちょっとご都合主義にすぎるかなぁという気はしなくもない(苦笑)。春香が駆けつけるシーンが、OPの再現なのはすごくいいんですけどね。あと、後半で「まっすぐ」使うのは卑怯(苦笑)。あの曲は聞くだけで泣ける曲なのじゃよ。

まぁ、そんなわけで、ちょっと詰め込みすぎな感じもした24話でした。とりあえず問題は解決して、次回はいよいよパシフィコ横浜でライブだわー。あと1回で終わってしまうと思うと、とても寂しいものはありますがなー。
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク