「志ら乃大作戦・第34話」(4/25)に行ってきた。

1月以来の、立川志ら乃さんの独演会に行ってきました。会場はいつもの内幸町ホール。志ら乃さんの落語自体は17日の一門会で聞いてますけどね…。

日比谷駅からぷらぷら歩いていきましたが、多少雨が降っていたものの、傘は差すほどでもなく。しかし、志ら乃さんの会は、雨降ってる日が多い気がするなぁ…。

開口一番はいつも通りのらく兵さん。らく兵さんが出ること自体はいつも通りですが、4/1から二つ目に上がったので、まず出囃子が前座囃子じゃない、ちゃんと羽織を着ている、そして、ガチガチに緊張しているw

口調聞いてるとあんまり緊張してるように見えないんですけどね、噛みまくったり、台詞が出てこなくなったりってのは結構あるので、そういうときは緊張してるんだろうなぁ。根多は「宮戸川」。らく兵さんは失敗しなきゃ、結構上手いので、いかに安定させるかってのがこれからの課題なんだろうなー。とりあえず、羽織姿は見慣れないのでちょっとおかしく思えたり、その羽織脱ぐのにわたわたしてたりってのは、初々しいなと。

さすがに前座の雑事はらく兵さんがやるんじゃなくて、らく人さんがやってましたね。開口一番は今後もらく兵さんがやるのか、らく人さんになってくのか…。まぁ、どっちでもありだ。立川流なら、開口一番やる場所はそれなりにあるだろうし。

で、主役の志ら乃さん。

一席目「狸札」。前座時代得意にしてたが、最近はあまりやってなかったとのこと。一門では「道灌」の次に習う噺だそうな。柳家の一門はまず「道灌」をやるってのは割合有名ですが、2席目は基本的に「狸札」なんですかね?まぁ、それはいいやw 前座噺だけあって、軽めの滑稽噺。軽いタッチで楽しませてくれました。

二席目「笠碁」。どうも、真打トライアルのせいで、らく朝さんがやった根多という印象がこびりついてしまってますが(苦笑)。割と笑いどころがむつかしい噺なんですが、くすぐりをうまく使って笑いを取ってた感じかな。志らく師は気に入らないかもしれないけど、この「笠碁」はありだと思います。

仲入り後の三席目「宿屋の仇討」。前座時代に一度かけて、まったく反応がなくて封印してた噺とのこと。志ら乃さんは、ここ数年、独演会ではそういう根多をかけるよなー。侍、宿屋の若い衆、魚河岸の若い衆という、ノリも口調も違う三者の対比が楽しい噺。個人的には随分久しぶりの根多だったので、「あー、確かにこういう噺だったなぁ」と思いながら聞いてました。

うん、一門会のときと同じく、とてもすっきりした会でした。いや、個人的に色々溜まってるもんがあったんだろうなっていう、こっち側の理由が大きい気はしますが(汗)。

一時期の何やっていいかよくわからない状態の志ら乃さんは、無事消え去ってくれたようで、ここのところはのびのびした噺をやってますね。一門会の感想でも書きましたけど、枕についてはすごく気にしてやってるのを感じます。ちゃんと根多への流れを作るように意識してるんだろうなと。

突然何かを思い出して、本編と違う話をしてしまうってのは志ら乃さんの特徴ですが、それで噺をぶっ壊してしまうことも多々あったわけで、何度も志らく師に指摘されてたことです。今でも時々やりすぎてるときはありますが、ぶっ壊しちゃうことはあんまりなくなった気がします。そういう意味でも、真打昇進決まって移行、色んなことに目を配ってやってるというのを強く感じます。

なんかまだ、真打昇進披露の日程とかが決まらないようですが、とっとと正式に真打になって、がんがん突っ走ろうぜw

次回は5/10です。多分ミーティングで行けなそうなんだよなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク