アイマスPのためのジェットスター国内線ガイド。

アイマス8thツアーも福岡公演まで2週間を切り、チケットを確保していた人は手元に到着している頃かと思います。

んでまぁ、今回のこの福岡ツアー、連休中でビジネスパックや飛行機も高い時期なので、初めてジェットスタージャパン使うって人も多いのではないかなとふと思ったので、ちょっとガイドを書いてみるかと思った所存。基本的に成田発着の想定です。ジェットスターの運用自体は変わらないので、関空便使う人でも使える部分はあると思うけど。

まぁ、割と思いつきで書いてるので、細かいことは気にしないでw

あ、ちなみに、同じ成田発着のLCCでは、エアアジア・ジャパンが福岡便に就航しておりますが、締切時間だったり、機内の持ち込み禁止物品だったり、結構細々(それでいて割と致命的な)ルールが異なりますので、エアアジア使う人はきちんと自分で調べた方がいいです。

もう2週間切ってるので、予約は済んでいる前提で話を始めます。ちなみに、今からでも14日、15日とも全便空きはあるけど、JAL/ANAよりは多少安いというレベルなので、各自検討してくれ。



■まず、はじめに

ジェットスター公式に、初めての人向けのガイドがあるので、まずはこれをご一読を。以下、わかりづらい点とか、気づいた点なんかを補足していく感じで。

ご出発の前に(ジェットスター公式)


■チェックイン

出発48時間前になると、ジェットスターのページからウェブチェックインができるようになります。「48時間前までにチェックインのメールが云々」とかいうのをどこかで見たかも知れないが、基本的にメールは来ない。メールは来てなくても、48時間前になればちゃんとチェックインできるのでご安心を。

チェックイン&搭乗券の受け取り方は大きく分けて3種類あります(それぞれ搭乗券の形が違ったりする)。

1)ウェブチェックインをして、PDFの搭乗券を印刷する
2)ウェブチェックインをして、空港のカウンターで搭乗券を受け取る
3)空港のチェックイン機orカウンターでチェックインして搭乗券を受け取る

基本的には1)をお勧めします。特に朝9時までに出発する便を利用する人は、事前印刷を強く推奨。7時台、8時台は成田発のジェットスター便が多く、カウンターも混雑します。搭乗券まで印刷してしまえばば、カウンターはスルーできるので、かなり安心感が違います。ただ、機内預けの荷物がある人は、カウンターに行かざるを得ないので、そういう人はあきらめて、早くいきましょう。

なお、往復で予約している人は、復路便についても往路便と同時にチェックインできます。あんまりいないと思うけど、往復ではなく、往路・復路をそれぞれ片道扱いで予約している場合は、それぞれ48時間前にならないと手続きでないので注意。


■荷物のこと

次に荷物のこと。JAL/ANAでは無料で大きな荷物などを機内預け(受託手荷物)にできますが、ジェットスターは有料です。機内にもちこめる荷物の容積はJAL/ANAと変わらないので(ただし、寸法は若干違うので一応注意)は、その辺はあまり気にしなくても良い。詳細な数値は最初の資料見てくらはい。

全部の荷物について、いちいちサイズや重さをはかったりはしてませんが、明らかに引っかかりそうな人は、あらかじめMyJetstarから、受託手荷物を追加しておきましょう。

当日引っかかって機内預けになった場合、15kgまで2000円、それ以上は1kgごとに750円かかるので、事前申し込みの料金の方がなんぼかマシである。

機内持込手荷物(ジェットスター公式)
受託手荷物(ジェットスター公式)


■成田への交通

ジェットスター国内線が発着するのは、成田空港の第2ターミナルです。鉄道利用の場合「空港第2ビル」で下車してください。バスの場合も第2ターミナル。

主な交通手段は、バスと鉄道(JR/京成)。バスは各地から発着するリムジンバスと、京成とビィー・トランセグループが運行する東京駅からの格安バスがある。出発地によって、選択肢がそもそも違うと思うので、各自検討してください。バス利用する場合は、時間に余裕を持って動くこと。

そうそう、成田空港は常に非常警戒の空港のため、空港に入る前に身分証明書のチェックがあります。鉄道の場合、改札を出て空港の入口前にゲートがあり、バスの場合空港到着前に警備員が乗りこんできます。すぐに取り出せるようにしておきましょう。

成田空港アクセスガイド(成田空港公式)
THEアクセス成田(ビィー・トランセグループ)
東京シャトル(京成バス)


■ジェットスターカウンターにて

成田空港第2ターミナルについたら、ジェットスターロゴがついている国内線出発の看板を追っかけて進みましょう。国内線のうち、エアアジアだけ反対側にあるので、そこだけ注意。詳細については、以下の地図をご参照くだされ。

国内線出発手続き(成田空港公式)

2階を進んでいくと、オレンジ色のゾーンが現れます。そこがジェットスターのチェックインカウンターです。前述のウェブチェックインは定刻の60分前までで、このチェックインカウンター(自動チェックイン機含む)では30分前まで手続きができる。

前述の通り、「ウェブチェックイン搭乗券」を持っていて、受託手荷物がない人はカウンター手続きがないので、そのままセキュリティゲートに進みましょう(ジェットスターのカウンターの先にあります)。

受託手荷物がある人、搭乗券が手元にない人は手続きが必要です。まだチェックインをしてない場合は、自動チェックイン機も使えます(ウェブチェックイン済みで搭乗券印刷してない場合や、受託手荷物がある場合は、カウンターじゃないとダメ)。

チェックインの時間は時間厳守です。定刻30分前を過ぎるとチェックインできないので乗れなくなります。ちなみに、チェックイン締切から定刻までの30分間であれば、2500円の到着遅延料を払うことで、当日の空席のある便に振り替えできる制度があるので、一応保険として覚えておくといいかも(多分他に料金の差額はいると思うので、多分結構な出費になると思うけど)。


■飛行機に乗り込むまで

ゲートはJAL/ANAと特に変わりありません(つーか、元々JALのゲートだしね)。待合室も普通です。椅子も売店もトイレもあります。成田からの搭乗の場合、ボーディングブリッジは使用せず、バスで飛行機のところまで移動し、タラップで登ります。

そのため、大体定刻30分前には第1便のバスが出てることが多いです。後部座席(16列目以降かな、多分)が優先なので、自分の席番を見てご対応くだされ。ANA/JALの感覚でいると、がんがんバス出てたりするので、注意しましょう。一応ルール上は、定刻25分前までには搭乗口に来ることとなってます。

ウェブチェックインをした場合、搭乗券に搭乗口の記載がない場合がままあります。その場合、待合室のモニターにフライトインフォメーションが表示されているので、そこで確認するといいでしょう。


■飛行機に乗った後

機内は座席が3+3で、通路が中央に1本だけなので、通路に立ってるととっても邪魔です。とっとと場所を空けましょう。ちなみに、乗客が搭乗してる時間帯、コックピットのドアは開放されているので、乗ってすぐ左手を見ると、ちょろっとコックピットが見れます。ご興味ある方は是非w

よく話題になる前後の幅(シートピッチ)ですが、JAL/ANAよりは若干狭いです。左右はほぼ同じ。ただ、通常の日本人の体型であれば、それほど狭いというほどでないと思います。もし、足が長くて前にぶつかるような人は、なんとかぶつけないように頑張ってください。自分がやられるとわかりますが、とても座席が薄いので、膝でごりごりやられると、前の人間はストレスマッハになりますんで…。

機内サービスについては、広告みたいなもんではあるけど、一応機内誌はあります。機内オーディオはありません。飲食物は無料で出る物は何もないです。機内販売はあります。ちなみに、アルコール類以外の飲食物は持込&飲食が可能です(あと、一応、暖かい飲み物はダメってことになってるはず)。

予約時にPlusオプションをつけている人は、機内で500円分の買い物ができます。アテンダントの人が(フルネームで)声かけてくるので、欲しいものを言いましょう。ぶっちゃけ、観光地価格を上回る空中価格なので、500円っつっても大したもの買えませんが…。昔はビールorチューハイ+おつまみで500円のセットがあったんだけどねー。

ジェットスターカフェメニュー(ジェットスター公式)[PDF]


■福岡空港へ

二時間もすれば、福岡空港に到着します。遅延がよく話題になるLCCではありますが、搭乗の時間管理がかなり厳しいため、機材や天候に問題がなければ、むしろ早着するケースが多いというのが率直な印象です。JAL/ANAの場合、チェックインした客が来なくて延々まったりなんてことは日常茶飯事なんで…。

福岡空港は、基本的にボーディングブリッジが接続されるはずです。ただ、えらい遠いところに着くことが多いという噂は聞きます…。

福岡空港は日本でもっとも中心部に近い空港なので、地下鉄でものの数分で博多や天神に出られます。ライブ会場のZEPP FUKUOKAは、福岡ドーム(今は「ヤフオク!ドーム」っていうんでしたっけ…)の麓にあります。

一応、最寄駅は地下鉄「唐人町」で、そこから徒歩15分ほど。あとは、天神や博多駅前からバスが出ていますので、これなら敷地前にバス停があるので、そこまで一気に行けます。

なお、当日ドームはデーゲームが行われておりますので、開演ギリギリに来ると野球からの帰宅客を押しのけて進む羽目になるかも知れません…。



というわけで、往路について、思うままにまとめてみました。復路に関しては、福岡空港が市街に近いのでそんなに困ることはないかと。ただ、やっぱり搭乗口は遠いと聞いてるので、その辺時間の余裕はもってw

では、ライブ行かれる方は、当日楽しみまっしょい。台風来ないといいなぁ…。

スポンサーサイト

テーマ : 航空会社
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク