スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」#7

いやぁ、この週末は熊本旅行に行ってたり、そっから更に小倉のお渡し会を往復してたりと、なかなかバタバタしていた週末でして…。しかも明日以降もちょっとばたばたしてる感じなので、今回は雑感を書き連ねるにとどめることにします…。

7話は高雄さんコンテらしく、ものっそい色々思うところはあるんだけど、正直まだ3回しか見れてなくて、読みこめてないんだよ!(大体いつもこれ書いてるときは少なくとも5回は見てる) 読み込めたら、追記するなりもう1記事あげるなりするかもしれないけど…。

サブタイトルは「I wonder where I find the light I shine...」。正直うまい訳が思いつかないんだけど(つーか、おかしくね?)、まぁ伝えたいことはわかるというか。

未央の話かと思ったら、ぶっちゃけ武内Pの話でしたね。

アニデレでは「光」がずっと重要なモチーフとして使われているわけですが、今回は内容を踏まえると当然という感じですが、とにかく画面が暗い。

基本「魔法がかかっている」状態が「光があたっている」状態という理解ではあったんですが、そういう意味で、変わらず光が当たり続けたのは卯月だけ。凛や未央は基本的に暗い中にいる。意図がよく読み取れていないのが、武内Pと凛との会話シーンで、当初Pには光が当たっていて凛は当たってない。ところが、凛がPに詰め寄ると、凛の表情には光が当たるが武内Pの表情には当たらないとまったく逆になります。そういう意味ではここの光は、魔法云々ではなく、単純に心象としての強弱の表現なのかな。または、Pだけが光の中にいることで「Pは周りが見えていない」という表現?

次に1話との対比と、劇場版との対比。1話との対比は主に凛についてで、凛がベッドに寝てるシーンはまんま1話EDと同じ構図同じ流れになっている。決定的な違いは、1話では手を伸ばした凛が7話では手を伸ばそうとしてやめる点。

最後の公園でのシーンもわかりやすい1話の再現(ただし、画面は暗い)。そこを凛とPの関係を卯月ではなく、未央がつなぐ。それ以降の画面は完全に光が戻ると。

雨の表現とか、未央の扱いとかは、どうしても劇場版を想像しますよねぇ…。まぁこっちも意図してやってるのだろうけど。

そして、今回もある意味ぶれずに、プロジェクトの太陽神のような輝きを見せたのが卯月な訳ですが、果たして卯月は周りの認識が出来てないのか、それともすべて認識した上で、ああいう対応をしているのかどちらなのか…。

笑顔を貫くことができなかったという発言は、とても卯月らしいし、キャラの根幹部分なので違和感はないのですが、もし、ニュージェネレーションズの現状に対する卯月の認識が発言そのままだとすると、ポジティブというよりは、やはりあんまりちゃんと状況見えてないと言わざるを得ないんだよね。仮に見えていてああいう対応しているなら、根っこに何があるのかと思うし…。でも、最後に凛と未央に抱きつくシーン見る限りだと、深刻な認識してるはずなんだよね…。うーむ。

正直、今回の卯月は見ていて天使ではあるのだけど、その現実離れしているところが、かなりの危うさを感じます。ほんと、どっかでぽっきり折れそうだわ…。

あと、美嘉が責任感じてるのは、やっぱりなんかのフラグですかね…。

しかし、346プロというのは、おおらかというか、そこまで成長させることを優先して大丈夫なんですかねってちょっと思ってしまうぞw 部長の対応とか見ても介入して状況修正しようとかって意志はまったく見えないんだよねぇ。あぁ、346プロといえば、前回Pのオフィスと、卯月の部屋に貼ってあった346プロのスローガンポスターが、どちらもLove LAIKAとニュージェネのポスターに変わっていたも、どういう意味なのかなー。

もう1個、346プロの場所ですが、今回のカットを信用していいのであれば、青山オーバルビルと国連大学をあわせた場所というのでFAになりますなぁ…。場合によったらこどもの城まで含めてもいいのかもだけど。

演出的にはすごい凝ってたし、嫌いではないのだけど、脚本の展開としてはもう少しうまいやりようはあったかなぁという気はしますかね。言葉は悪いけど、未央をだしに使って、武内Pを掘り下げたという印象がするのは、どうにもうまくないし、ちょっと禁じ手風味かなぁと。武内Pはアイドルと普通に言われてるし、そういう描かれ方ではあるけど、やっぱりアイドルとPは分けて考えるべきだと思うんだよね…。というか、今回の内容を見ると、むしろ視聴者が投影すべきPの立ち位置って、武内Pではなくて、卯月なのではないかって思っちゃうから。

まぁ、そんな感じで、今回は本当に雑感ですが、この話がすべて終わったときにどういう立ち位置になっているのか、それはすごく楽しみにしているんですよー。

■アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」公式サイト
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。