リスアニ台湾のチケット情報発表と、日程検討材料 ※8/31追記

さて、発売1週間前にして、リスアニ!LIVE台湾のチケット情報の詳細が発表になりました。金額はNT$=3.3円で計算しています(円高進んでるんで、前回記事とレートちょっと違います)。

発売日【SATURDAY STAGE】9月4日(日) 12:00(日本時間)
【SUNDAY STAGE】9月4日(日) 14:00(日本時間)
販路KKTIX(Web)
台湾ファミリーマートのFamiport(対面) ※VIP席を除く
決済方法【KKTIX】クレジットカード(VISA/Master/JCB)
【Famiport】現金
券種【VIP席】 NT$8000 (26400円) ※最前列23席限定、限定特典付(詳細は追記参照)
【S席】 NT$3800 (12540円)
【A席】 NT$2600 (8580円)
【B席】 NT$1600 (5280円)

■KKTIXの公演詳細ページ(中文)

反響が大きかったため、チケットの発売が土曜公演と日曜公演で、時間がずらされたそうです。ええい、余計なことを(苦笑)。日本から予約をする場合、Web経由のKKTIXになります。郵送は台湾内しか対応していないので、現地渡航してからFamiportで発券する形になりますね。

公演によって違いがあるので、異なる場合もありますが、基本的にKKTIXでのチケット予約は、台湾人は台湾のID、外国人はパスポート番号が必要です。出先での予約を予定してる人(デレ4thで神戸宿泊してる人とか)は、パスポート番号をメモしていくのを忘れないように。あと、携帯番号を入力する欄も多分ありますが、日本の携帯番号を入力する場合、国際電話番号として、+81(日本の国番号)をつけ、頭の0を抜いた形で入力します(例:「080-1234-5678」の場合、「+81 80 1234 5678」となります)。

発売元のKKTIXについては、日本語は多分厳しいですが、英語での問い合わせは対応してくれると思いますので、公式回答が必要であればそちらに。

※8/31追記

VIP席についての追加情報が出てきたので、追記。

VIP席の特典は2種類で「リスアニ!LIVE台湾グッズセット」「その日の出演者全員のサイン入りサイン色紙」。グッズセット内容については、後日更新とのこと。

また、VIP席については、チケットに購入者氏名が記載され、入場前にカウンターで氏名の照合が必要とのこと(多分、台湾人はID、外国人はパスポートと思われます)。この対応が必要なため、VIP席については、ネット経由のKKTIXのみの販売となり、対面のFamiportでの販売はなしとのこと(Famiportでの直接購入だと、会員登録とか不要だからだと思う)。

VIP席は1人2枚まで、それ以外は4枚まで。

■上記内容告知の公式Facebook(中文)



さて、こっからは日程検討の話ですよー。

とはいえ、基本的には前泊・後泊でいくのが無難です。具体的にいえば、3日だけライブ参加なら12/2-4、4日だけライブ参加なら12/3-5、両日ライブ参加なら12/2-5が基本ということですね。特に初海外なんていう人は、ライブ前後にホテルの部屋が使えるこの日程を強くオススメします。

とはいえ、社会人からすると、休みを取らずに、または休み1日で済ませたいというのは心情。なので、当日入り、当日帰り(つーか、正確には翌朝帰国だな)の現実性があるかという検討をしてみます。

【当日入りをするには】

ライブは開場16:00、開演17:00。会場の最寄駅は、MRT淡水・信義線の「台北101/世貿駅」。

空港からホテルに荷物を置いてから会場に向かう前提で、どのくらいの時間に空港に到着する必要があるかを検討してみると、桃園空港の場合は12:00、松山空港の場合は14:00には到着していたい。

2時間の差が出るのは、単純に桃園空港が台北から遠いこと(羽田と成田の違いと思いねぇ)、桃園空港が非常に大きく、空港内移動に時間がかかること、就航便が多い空港なので入国審査に時間がかかること、の3点が理由になる。

あと、ツアー利用の場合、空港からの送迎はないことが絶対条件。混載送迎の場合、他の参加者を待つ場合があるし(同便ならいいけど、他便を待つ場合もある)、免税店の立ち寄り、ホテルを順番に巡るなど、数時間かかることがざらにあるので、時間に制限があるこういう状況では、利用できない。

具体的に対象便がどの程度あるかというと、東京発の桃園便だと事実上、前日夜に成田を出発するバニラエア(JW107便 22:00発)、ジェットスタージャパン(GK11便 21:40発)と、早朝に羽田を出発するピーチ(MM1029便 5:50発)くらいなので、当日入りと言って良いのか微妙なところではありますな。

東京発の松山便の場合だと、対象になるのは羽田発のチャイナエアライン(CI223便 7:20発)、JAL(JL97便 8:35発)、ANA(NH851便 9:20発)、エバー(BR189便 10:50発)と、各社1便ずつが対象になる。

東京以外の出発便については、ちょっと調べきれてないので、各自調べてみて欲しい(チャイナエアラインを中心に、結構台北便がある国内空港は多い)。

【翌朝帰国するには】

今度は逆にライブ後に空港に向かい、翌朝会社に向かうことを想定するパターン。このパターンは荷物の管理の問題もあるし、ライブ後、空港に直行する可能性も高いので、旅慣れた人以外にとっては、かなりハードルは高いかもしれない。

選択可能な便も、実はほとんどない…。成田到着の桃園発、バニラエア(JW100便 6:05着) ジェットスタージャパン(GK12便 6:10着)の2便。羽田到着は早くて11時台なので、午前半休は必要になるだろう。つか、成田に6:00について、始業に間に合う人がどのくらいいるかはわからんけどね…。この時間の第3ターミナルとか、入国審査はほぼ待ち時間0だろうけど…。

そんな感じで、まぁ基本は前後1日ずつ見るのが基本だとは思います。当日入りは、便を選べばできなくはないって感じですかねー。

ほんじゃまたー。つか、チケット取れるのか、割と不安になってきたゾ…。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク