リスアニLIVE台湾にいってきた(その1)

もう気付けば、リスアニ台湾から1週間ですよ。今週は月曜休んだこともあって、割と仕事がぱっつんぱっつんだった上に、デレマスのアニバを必死に疾走していたので、こんなタイミングとなりました…。昨日、行われたアイマス台湾の記者会見の情報なども、ちょろちょろ出てきておりますね(新情報は特になかったようですが)。

というわけで、リスアニLIVE!台湾に行ってきましたので、レポート的なものをあげたいと思います。ちなみに、ライブの詳細な感想というよりは、旅行記的な要素と、ライブの周辺情報(会場情報であるとか、雰囲気とか)をメインでお送りしますので、ご了承ください。ブログがカテゴリが「舞台・イベント」ではなく、「台湾」であることで察してくださいw

ちなみに、この記事は、会場にたどり着くところで終わっておりますので、リスアニLIVE!台湾の情報だけ欲しい方については、その2が上がるのをお待ちください(苦笑)。追記:その2かけました。




【羽田(HND)→台北松山(TSA)】

今回の出発は羽田空港。正直なところ、まったく仕事の状況が読めなかったので、最悪月曜だけ風邪を引けば(ぉ)どうにかなるという時間優先のスケジュールだった結果。便の選択も「土曜の朝家を出て、台湾に最速で着く便」という結果のものでございます。以前、このブログの別記事でも記載しましたが、桃園空港は時間が読めないので、時間優先の場合、どうしても羽田-松山便になってしまうところがあってな…。

この時間の羽田国際線は初めていきましたけど、便数も結構あるし、人も結構多いっすな。まぁそれでも、成田にT1/T2に比べると、セキュリティチェックなども待ちは少ないですが。搭乗口でざっと見た感じでは、あからさまにリスアニに行く人は見つからず。まぁ、見つからなかっただけで、いたんでしょうけどw

羽田空港

搭乗口


今回のJAL便の機内食は、函館・五島軒監修のメインディッシュに、白い恋人(白黒2色)がデザートに付くという北海道コラボメニュー。台湾人の北海道好きは有名なので、そういうところを意図したメニューなんでしょうなぁ。しかし、JAA(日本アジア航空)時代は、台湾ビールとかも出してたのに、今は国内銘柄のビールしか載せてないんだなぁ。それがちょっと残念。

往路機内食


通信環境として、前回渡航時に購入していた台灣大哥大のプリペイドSIMに、インターネット経由で1.2GB(180元)チャージしておいたので、機内でスマホのSIM交換。急な揺れでSIMを落とすといけないので、基本的に作業している間以外は、テープで台紙に貼り付けておく感じで。ちなみに、この固定用のテープを、SIMスロットのSIMの端にはって、引っ張り出すので色々使い勝手は良かった感じ。今後もこの形でやっていきたい。

SIM交換した後は、飛行機の映画プログラムに入っていた「君の名は。」を見ながら、まったりと台北まで。なんとか1本映画が見れるくらいの時間ですなー。JAL機はUSB端子も座席についてるので、それでスマフォの充電。




【台北松山空港】

若干の早着で、台北松山空港に到着。飛行機降りたら「入境」と書いてある方に向かいます。直前に運航を停止したトランスアジア航空の飛行機も駐機していて、ちょっと物悲しい気分に…。

台北松山空港通路

トランスアジア航空機

入国審査場は、同時に到着した国際線は他にないようで、各列5人程度の並び。しかし、ここでトラブル発生。

台湾は去年から、入国カードの電子申請ができるようになっており、それをやっておけば、紙の入国カードは書かなくてもいいというシステムがあります。ただ、そのシステムが、メール登録もなく、登録すると「Success」と表示されるだけというシステムなもので、ちょっと不安で使ったことなかったんですね。今回は人の少ない松山空港だったので、使ってみました。

以下、入国審査官との会話。言語もそのまんま。

ひぃす「Using online arrival card.」
入国審査官1「OK, online」
(しばらく、カタカタやっている)
入国審査官1「No, I can't found your registration.」
ひぃす「は、嘘ぉ。もっかい、確認して」
入国審査官1「Nothing. please write arrival card.」


えぇ、申請出てないといわれましたよ。やっぱ、確認できないシステム怖いよねー。ということで、ブツブツいいながら、紙の入国カード書いて、並びなおす(このときは10人くらいかな)。

写真撮って、指紋とってと手続きが進む中、普通はすぐにパスポート返してくるのが、なんか怪訝そうな顔をして、しばらくキーボードを打っている入国審査官2。そして、衝撃の一言が。

入国審査官2「オンライン申請が出ているので、紙は不要」


えぇ、パスポートと一緒にわざわざ書いた入国カード、つき返されました(苦笑)。上に書いてある通り、日本語で。おいこら、移民署、ちゃんと仕事せーよwww 申請通ってるんじゃねーかwww いや、ほんとこれ桃園空港でやられたら洒落にならんぞ(苦笑)。だもんで、自分は怖いんで、オンライン入国カードは、松山空港のときだけ使うことにします。

無事(?)に到着ロビーに到着し、まずは空港内のファミリーマート(全家)で、当日分のチケットを発券。KKTIXのFAQにあるものとは、最後の画面に選択肢が増えていて、一瞬びびったものの、まぁ意図は理解できたのでセーフ(別の番号を追加入力するか、すぐに発券するかの選択肢が増えていました)。ちなみに、スマフォもきちんと台灣大哥大の4G回線を認識していて、問題なく通信もできている。

松山空港内

松山空港外




【台北MRT】

前日入りしていた、某メール職人のみねPと連絡を取り、とりあえず市内のホテルに移動することに。台北松山空港は、台北MRT(台北捷運。メトロとも呼ばれる)の駅があるので、それで移動。到着ロビーから、外に出て左を見れば、すぐに駅の入口は見つかるはず。

MRT松山空港駅

台北MRTの券売機。こいつで、切符(コイン型のトークン)と、ICカードへのチャージができる。メニュー画面は日本語化もできるので、日本人にとっては、そんな苦労することはないです。チャージする場合は、加値を選んで、ICカードを右のプレートに置いて、現金投入すればOK。日本で言うチャージは、中国語で「加値」、英語では「Add-Value」か「Top-up」。

MRT券売機

MRT券売機拡大

台北MRTの改札内は、一切の飲食が禁止になっています。食事はもちろん、飴やガム、水を飲むことなども一切禁止です。見つかると、多額の罰金を取られる場合もありますので、十分注意しましょう。改札の手前には以下の写真のような線が引いてあり、ここから先は飲食禁止であるということがわかります。

ここから飲食禁止

MRTのホームはこんな感じ(写真は淡水信義線中山駅)。

看板類を説明していくと、左端にある「(2)淡水」っていうのは、(2)が淡水線の路線番号で、このホームが淡水方面行きのホームであることを示しています。その右の「中山 一月台」は、中山駅の1番線の意味(月台はプラットホームのこと)。その右にある電光表示は、現在時刻が12:40で、次の列車が北投(Baitou)行きで、2分15秒後に来るという意味。

各ホームドア前も、どこに並べばいいか書いてあるし、日本で地下鉄使ったことがある人は、ほぼなんも困らない仕様になっています。

淡水信義線中山駅




【ホテルから会場へ】

無事にホテルでみねPと合流し、荷物を整理して、出発。一応、ホテル周辺の写真を貼ってみるが、どこだかわかる人はいるかなー。

ホテル周辺

それからは、とりあえず行ってみたい店があるというので、永康街の最寄駅、東門駅にMRTで移動し、永康牛肉麵館で牛肉麺を。全然写真撮ってなかったので、台北ナビの記事をはって誤魔化しておくw

■永康牛肉麵館(台北ナビ)

牛肉ごろごろで、大変おいしゅうございました。まぁ、冷静に考えると、1杯200元以上するって、結構な値段するんだなぁ。夜市とかの牛肉麺は100元程度だもんねぇ。ま、確かに器もでかかったけどな! この辺は店によって値段全然違うってのは、どこでも同じっちゃ同じですが。

しかし、初めて入る店でいつもドキドキするのは、会計方法が店によって全然違うからなんだよねぇ…。注文時に払う場合、注文して料理が出てきたときに払う場合、日本と同じように伝票置かれる場合、伝票はレジにあって会計時にどこの机といって払う場合…。ここは、一番最後のレジでどの机と宣言して払うタイプでした。小菜とか飲み物を自分で持っていって後精算のタイプの店だったから、こういう形になるんだろうなぁ。ほんと、言葉がよくできないと、会計方法ドキドキしますw

その後は、西瓜汁飲みながら、しばらく永康街ぷらぷらして、早めにライブ会場のTICCに向かいましたとさ。

というあたりで、長くなってきたので、一旦切ります。

■リスアニLIVE台湾にいってきた(その2)
■リスアニLIVE台湾にいってきた(その3)
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク