リスアニLIVE台湾にいってきた(その3)

さて、順番が後先になってしまいましたが、リスアニ台湾の旅行記最終回いくよー。ここまでの部分は以下を参照。

■リスアニLIVE台湾にいってきた(その1)
■リスアニLIVE台湾にいってきた(その2)

時系列は入れ替わる感じになりますが、ライブ初日ライブ会場に着いて以降のライブ以外の内容が全部ここに突っ込まれていますw やー、アイマス台湾の参考にしたい人もいるだろうし、TICCとライブ関連は独立させといた方がいいかなと…。




【初日の夜】

ライブ終了は21時前くらい。出口への経路が上手側と下手側で大きく2系統に分かれているせいか、3000人の会場としてはかなり退場がスムーズな感じでしたね(それは2日目でも思ったこと)。

台湾的には21時はまだ宵も宵だし、翌日は765プロ台湾支部主催のオフ会予定なので、そのまま淡水信義線(紅線)で、士林夜市最寄りの剣潭駅へ。

さすがに土曜夜、大東路周辺はひどい混雑状態…。なので、しばらくして、士林市場の方に避難。地下の美食広場へ。

とりあえず、降りてすぐが香腸(台湾風ソーセージ)の店だったので、条件反射的に大腸包小腸を買う(50元)。大腸包小腸はもち米の腸詰に、高菜などと小さめの香腸をはさんだもの。ライスバーガーのホットドッグ版という感じ。写真は黒胡椒味。とりあえず、外側のもち米腸詰も鉄板で焼かれてるので、とても熱い。ビニール巻いて紙袋で巻くだけなので、とても熱い。

大腸包小腸

その後は、檸檬愛玉飲みながら、適当に店に入って、蚵仔煎(牡蠣入りオムレツ)、小籠包、魯肉飯(豚肉そぼろご飯)などをもしゃもしゃと。うん、写真はないw

個人的に士林に来ると必ず寄る、雪片氷(ミルクを凍らせて削ったふわふわなかき氷)の元祖といわれる辛發亭へ。この時期はマンゴーはないので、普通の雪片氷を。写真はみねPが頼んでた、百果雪片(パッションフルーツのミルクかき氷)(70元)。

■辛発亭(台北ナビ)

百香雪片

腹もくちたので、適当に宿に帰って寝ましたw




【2日目ライブ前】

あんまり予定もないので、とりあえず龍山寺へ。いついっても人だらけの場所。

観光客も大量にいる中で、ガチのお祈りをしている地元の方も大量にいるというなかなか不思議な空間。多くの神様が奉られており、それぞれちゃんと別に祠状態になってるんですよね。

龍山寺

お参りした後は、近くの剥皮寮歴史街区へ。

100年以上前の街並がそのまま保存されている歴史保存区で、非常に趣のある場所…なのですが、なんか変なクマがいっぱいおる…。なんかユニバーシアードとかの公式キャラっぽい…。なんか、いたるところに出張ってきていて、ちょっと雰囲気的にはアレな感じに…。一時的なものだと思うので、次いくときは多分いなくなってる…と思う。

■剥皮寮(台北ナビ)

剥皮寮

せっかく龍山寺近辺なので、福州元祖胡椒餅へ。すごい路地裏にある店ですが、胡椒餅としては最も有名な店で、自分達が行ったときも30分待ちと言われました(注文してお金を払うと、番号札をくれるので、指定時間に戻る方式)。ちなみに、受け取ったときには50分待ちになってました…。土日に行く人は、まず注文して、龍山寺や剥皮寮などを回るのが時間無駄にしなくていいかも。

ちなみに、ものっそい肉汁が包まれているので、餅を押すとすごい勢いで肉汁が出てきて攻撃されるので、十分に注意しような…。ほんと火傷するかと思った…。

■福州元祖胡椒餅(食べ台湾)

福州元祖胡椒餅

胡椒餅が焼きあがる間に、前日のライブで誰かが話してた「50嵐」があったので、チョロイオタクらしくふらふらと買いに。50嵐はチェーン店なので、あちこちで見かけることがあると思います。

この手の台湾のドリンク、日本人の感覚ではすごく甘いものが多いのですが、ここは砂糖の量が選べるので、日本人的には微糖とかにしといた方がいいと思う、マジで。メニューに選択肢のリストが並んでるので、指差せばわかってもらえます。

50嵐

その後は、光華商場をひやかしたり、隣の三創生活(Syntrend)をひやかしたり、SyntrendではTrySailイベントやってる会場前までいって、ここかーと眺めてみたり、そんなgdgdとすごし方をしておりましたw




【2日目ライブ後~国際オフ会】

2日目ライブ終了後は、オフ会の集合場所とされていた会場前でgdgd。最初にお話させていただいた、タカさん絵のTシャツを着ていらっしゃった台湾P。とりあえず、今回思ったのは、ほんとにどこの人なのか、全然わからねぇっていうことw まず、見かけではっきりお国がわかることはないし、装備でまったく見分けつかないし(平然と日本のライブT着てる台湾人とかいっぱいいる)、話してみて日本語しゃべったとしても台湾人とか韓国人だったりするんですよ…。なのでわからん時は、普通に「日本の方ですか?」とか聞いてたもんなw

アイマスP中心の国際オフ会ということで、総勢130名にもなっていました…。ざっと見た感じだと6割程度が台湾人、2割が日本人、2割がその他の国の人という感じ。

会場になっていたDJブースのある焼肉屋さん。いや、この業態、台湾では普通なんだろうか(苦笑)。DJブースあるし、ライティングの雰囲気とかはクラブみたいな感じなんだけど、バイキングタイプの食べ放題の焼肉屋なんだよ、機材とか、料理の並び方とかは…。

というわけで、焼かれている肉。照明が青系統なので、あんまおいしそうには見えないかもしれないが(苦笑)。

焼肉オフ会

自分はあんまりこういう大規模オフ会って、参加したことないのだけど、なんつーかすごい雰囲気だったw DJブースでアイマス曲含め、がんがんアニソンが流れてコールが響き渡り、リウムが振られという状況で、名刺交換もあちこちで行われておりという、なかなかにカオスな状況。

以下の写真は、多分「あんずのうた」が流れているときの状況w ちょっと検索すると動画とかも出てくると思うので、気になる方はどうぞ。

多分あんずのうた

正直、こういう国際交流が、海外遠征の醍醐味だと思います。個人的には2014年のAFAシンガポールでお会いした何人かの方と再会できたってのがうれしかったですね。というか、一度お会いしただけでも、結構覚えてるもんだなーというのが自分でびっくりしました。

アイマス台湾での、このオフ会主催の悪徳Pによると、アイマス台湾でもここでオフ会をやる予定という話だったので、アイマス台湾行く方は是非参加しましょう(つーか、何人になるんだろう…)。公式ツアー使う人は、ホテルに強制送還されちゃうだろうから、なかなか難しいかもしれないけどね…。

MRTがなくなるような時間まで盛り上がってたので、帰りはタクシーでホテルへ。

ホテルの住所見せたら、一瞬「ん?」って顔を運ちゃんがしたので、ホテル名を中国語で言ってみたところ、一発で通じたのはうれしかったなぁ。やっぱり、外国語は通じたときが一番うれしいので、使う機会ないとほんとダメだなと改めて思った次第。中国語も台湾語ももうちょっと勉強するよ、うん。




【3日目】


自分は土日月の日程だったので、これが最終日。

ホテルで時間までまったりしていから、桃園へ向かうみねPをお見送りのため台北駅へ。台北へ何度も行っている人は、台北-桃園空港間は1819っていうバスを使うことが多いと思うんですが、そのバス乗り場が台北西駅A棟というバスターミナルから、台北駅東三門前に移っています(来年3月までに、台北駅と桃園空港間のMRTが開通する見通しになったので、バス使う人減るかもしれんがね…)。

台北駅の東三門を背にして、左手を向くとバスのチケット売場が。ちなみに、この辺を大きな荷物を持ってうろうろしていると、タクシーの勧誘のおっちゃんがいますが、基本的に白タクです。まぁ、ぼったくられたとか、おかしなことになったって話はあんまり聞かないので、まともな商売はやってるとは思いますが、一応ご注意を。

バスチケット売場

チケット売場を抜けて、そのまま奥にいくと、バス乗り場になります。以下の写真の奥に出てくる形になります(つまり、この写真の左手奥にチケット売場がある形になります)。

1819バス

みねPを送り出したので、あとは自分は時間までうろうろしておりました。とりあえず、台北駅のチケット売場。台北駅は見るものを圧倒するような巨大な建物で、中は吹き抜けになっています。ものっそい開放感のあるチケット売場ですw

台北駅チケット売場

このチケット売場の反対側には、時期ものとして、巨大なクリスマスツリーがありました。多分15mとかそのくらいでしょうか…。

台北駅のクリスマスツリー

西門町しばらくふらふらして、アニメイト覗いてみたり。あ、写真はありません(店内撮影禁止だしな、確か)。その後は、松山空港へ。

搭乗券を発券して空港内をふらふら。空港には当然というか、リスアニ帰りと思われる方もちらほらとw

明かりの消えたトランスアジア航空のカウンター。右手のラウンジの入口も見えます。プライオリティパスで使える松山空港のラウンジはここだけだったので、またプライオリティパスで使えるラウンジがなくなってしまいました…。まぁ、FSC使う分にはラウンジはなくても困らないっちゃ困らないんだけど。

トランスアジアカウンター

松山空港は小さい空港なので、ほんと楽ですね。桃園空港とか、出国からゲートまで15分とか平気で歩かされるもんなぁ…。まぁ、松山空港便の値段が許容できるなら、ほんと便利っすね。

帰りは窓側の席だったので、適当にぱしゃぱしゃと雲を撮影したり。

適当な雲

帰りの機内食は、パエリアとキッシュという、とてもスパニッシュなものでした。なぜ、台湾便でこんなスペイン尽くしになってるんだ、JALよ…。いやまぁ、味は悪くなかったんですけど、微妙に釈然としないものが。

復路の機内食

というわけで、日が落ちた頃には羽田空港に到着。入国なども特に問題はなく、そのまま無事に帰宅しました。

なかなかの強行日程ではあったものの、なんだかんだと食事、風景、国際交流と楽しんできました。繰り返しになりますけど、海外イベントやライブは、そこでしか見れないようなセトリなんかが組まれることもありますし、雰囲気も国内とはやはり違う部分があります(盛り上がりは遜色なくても、ちょっとノリの方向性が違うというか)。

また、やはり他国のオタク連中と話をするのも、ほんとになかなかできない機会なので、是非機会があれば海外遠征してみてください。台湾遠征であれば、いくらでも相談に乗りますので(場合によったら、手配までやるよw)。

それでは、長々とお付き合いありがとうございました。次はアイマス台湾で!
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

ありゃ、台北アニメイト撮影禁止でしたか。気がつかずに撮ってましたわorz 広いわりには棚がスカスカな印象でしたねえ。

確かそういう記憶が…。いや、あたしも今回ちゃんと確認はしてませんが(苦笑)。

並び方の発想が日本とちょっと違う感じがして、日本人の感覚だと探しづらさもあったりしますねぇ…。
プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク