「田中公平 真の?30周年記念コンサート」に行ってきた。

各地で様々なイベントが行われた今日、わたしゃ、田中公平さんのコンサートを見に行ってきました。

今回のコンサートの正式名称は「今度はブラスだ!! 田中公平 真の?30周年記念コンサート」です。

一昨年、作家活動30周年記念コンサートというのがフルオケと、多くの声優・歌手の参加で行われたのですが、このときは実は29年で、「真の30周年もやるから」なんて話から始まってるんですかね(苦笑)。ちなみに、アニメ作品に曲を提供し始めてから30周年だそうですが、このタイトルをつけた時点では、30周年になるものがあるかどうかは考えていなかったそうな。

会場は、東急東横線都立大学駅から徒歩でいける「めぐろパーシモンホール」です。

今回は前述の通り、前回は「オケ」でのコンサートだったので、今回は「ブラス」にこだわった編成で行うというのが大きなテーマになっています。

主に演奏を担当したのは、尚美の方々。「尚美's POPS ORCHESTRA」って紹介されてたけど、尚美ウインドオーケストラの人達なんだよね、多分。指揮はオリタ・ノボッタ(織田浩司)。米米CLUBっていうか、BIG HORNS BEEでSaxやってる人ですね。わたしゃ、織田さんに指揮者のイメージがなかったので、ものすごく見覚えがあったものの、紹介されるまで気づかないという…。

オープニングは、公平さんの歌で「勝利者達の挽歌」。何気にわたしゃ生で公平さんの歌を聞いたのは初めてな気がするな。思った以上にしっかりと歌われるんですね。さすがです。

司会進行は、公平さんと日髙のり子さん。
冒頭で今回の主旨として説明されたのは、「最近ブラスバンドが非常に盛り上がっているんだけど、残念ながらアニソン関係の楽譜というのは、ヤマトとかジブリ関係とか、結構限られている。正直、自分がやっているような作品の楽譜というのは、一部でアレンジされてるようだけども、あまりちゃんとしたのがない。だから、自分もきちんとそういう楽譜を作っていかないといけないのかも知れないと思い、そのスタートとして、このコンサートを企画した」とのこと。

まぁ、ポップス系の楽譜っていうと、New Sounds in Brassか、そうでなければ、ミュージックエイトが出してるものくらいしかないっちゃないんですよね、確かに。公平さんあたりがきちんとした楽譜を作ってくれるのであれば、それは大きな側面支援になるのは確かですからね。

そんな話の後は、曲の演奏に入っていくわけですが、基本的なスタイルは、曲ごとに解説や、その曲にまつわる思い出などを語りながら進行していく感じ。バンドが3曲を演奏して、東京ブラススタイルのコーナーへ。

東京ブラススタイルは、女性11人のバンドで、編成はTp2、Tb2、B.Tb、A.Sax、T.Sax、B.Sax、E.Bs、Key、Drsって感じですね。

この編成で、かなりメジャー系のアニソンをがんがんやってる人達です。音の感じは割とポップ…というか、結構スカっぽいファンクかなぁ…。たまにガチなロックになってることもあったけど。

いずれにしても、こんだけ金管が重なるので、がんがん音圧でかっ飛ばしてきます。CDで聞くとどんな感じなのかわからないけど、これは間違いなく「生で聞かないと本当の良さはわからない」類の音ですな。フェスなんかのオープニングでこの人達出したら、すごい勢いで客席は暖まりますw そのくらいのインパクトと迫力がある。ま、個人的にはドストライクな音です。

 ■東京ブラススタイル(公式ホームページ)


続いて登場したのが、BLUFF。
登場したときのわたしの感想「あ、スペクトラムの吉田さんだ」。我ながら、相当アレな感想です。ぶっちゃけ、おっちゃんがやってるブラスロックバンドです。結構な経験を重ねた人達から出る音は、もう分厚いの一言。編成はTp2、Tb、Vo、E.Gt、E.Bs、Key、Drsという感じで、金管は3本しかないというのに…。

公平さんに「ライブに行くと、耳がキーンとなって、3日くらい難聴になるから行かない」と言わしめるこのボリューム。えぇ、おっしゃる通りでしたとも。演奏が始まって1秒で、耳にリミッターがかかりました(はっきり体感できるレベル)。音の傾向は、もう完全にファンクっぽいブラスロック。

ボーカルも入ってるんですけど、ボーカルとバックバンドという関係ではなく、あくまで楽器のひとつで、半ば冗談でしょうが「ボーカルはホーンの場つなぎ」だそうで(苦笑)。この人達、本当に好きなんだなぁと思うのが、ホーンが吹いてないときにお決まりの振付で踊ってたり、ブレスのタイミングでベルアップしたり、間奏でガンガン楽器振り回したり、そういうお約束を全部きっちりやってくるんだよ!! この人達も超ドストライクです。つーか、EW&Fとか好きな人は、大好きなんじゃないかな、この音w

 ■BLUFF(公式ホームページ)


そして、ここで第1部が終了。耳休めも兼ねて、15分間の休憩。

第2部は再び、オリタ&尚美の演奏です。まず、登場したのが、ささきいさおさん。公平さんいわく「やはり、これこそが国歌でしょう」という、「宇宙戦艦ヤマト」からスタート。

続いては、銀河鉄道999のテーマ…ではなく、銀河鉄道物語の「銀河鉄道は遥かなり」。なんか、昨日もアニサマで、ヤマトと999やったらしいので、ある意味これはばらけて良かったのかなw あとは、メタルダーの全編説教な歌で、ささきいさおさんは終了。

続いては、歌ではなく、ロボット変身物の劇伴曲を怒涛の6連発。あーとかうーとかうなりながら、聞いてしまったよ、この辺は(苦笑)。

そして、サクラ3のOPである「御旗のもとに」。司会をやってらした日髙さんが歌うわけですが、ソロで歌うのは初めてなんだとか。ここで、公平さんから無茶振りで「自分のパート以外は、そのキャラの物まねで」という指示が、客席に「格好いいのと、面白いのとどっちがいいですか」と問いかけると両方と言われ、考え込み、結局は物まね風で歌いきりましたとさw 若干中途半端な部分はあったので、リベンジしたいとのことでした。

そして、この後は、ONE PIECE軍団がついに登場。田中真弓、岡村明美、平田広明、山口勝平の4名です。いつものように真弓さん、大暴れw ただ、この時点ですでに20分押していたようで、結構さっさかトークが打ち切られ、「Jungle fever」へ。終了後、少しトークを始めるも、容赦なくオリタさんのタクトが振られ「Family」開始。

ONE PIECE組にはちょっとかわいそうなくらい、ばっさばっさ切られてましたね(苦笑)。それでも、都合10分くらいは話してたと思うんですが。

最後は、東京ブラススタイルと、BLUFFも合流しての「ウィーアー!」。指揮は公平さんが振り、オリタさんはSaxで入ってました。演奏開始前「今日はアンコールないので。『アンコール、アンコール』とかやらないでくださいね」という宣言があり、会場ブーイングw

いやでも、ほんとにこの「ウィーアー!」はすごかった。総勢70名を越えるブラスバンドで、がんがんソロを受け渡していくわ、もう訳がわからないレベルw この1曲だけでも、相当に価値のある演奏でした。

そんなこんなで、2時間50分(休憩含む)のコンサートでした。やっぱり、こういう編成のコンサートも楽しいなーと改めて実感した、今日この頃でした。以下は、セットリストです。


以下、指揮:オリタ・ノボッタ、演奏:尚美's POPS ORCHESTRA
 1.勝利者達の挽歌(機動武闘伝Gガンダム) 歌:田中公平
 2.組曲ワンピース(ONE PIECE)
 3.海賊王になるんだ!(ONE PIECE)
 4.花、帝都に舞う(サクラ大戦4)

以下、演奏:東京ブラススタイル
 5.摩訶不思議アドベンチャー(ドラゴンボール)
 6.ルパン三世のテーマ'78(ルパン三世)
 7.となりのトトロ(となりのトトロ)
 8.地上の戦士(サクラ大戦V)

以下、演奏:BLUFF
 9.Biggest Will(BLUFF)
 10.夜に…(You'll Need)(BLUFF)
 11.~Kind of the Woman(BLUFF)
 12.ゲキテイ(サクラ大戦)

(15分休憩)

以下、指揮:オリタ・ノボッタ、演奏:尚美's POPS ORCHESTRA
 13.宇宙戦艦ヤマト(宇宙戦艦ヤマト) 歌:ささきいさお
 14.銀河鉄道は遥かなり(銀河鉄道物語 - THE GALAXY RAILWAYS) 歌:ささきいさお
 15.君の青春は輝いているか(超人機メタルダー) 歌:ささきいさお

 ロボット変身劇伴 オンパレード
 16.だから行け!走れ!(OVERMANキングゲイナー)
 17.ボク達の闘志(絶対無敵ライジンオー)
 18.勇気ある戦い(勇者王ガオガイガー)
 19.ファイナルフュージョン(勇者王ガオガイガー)
 20.我が心明鏡止水~されどこの掌は烈火のごとく(機動武闘伝Gガンダム)
 21.燃え上がれ闘志 忌まわしき宿命を越えて(機動武闘伝Gガンダム)

 22.御旗のもとに(サクラ大戦3) 歌:日髙のり子
 23.Jungle fever~海賊の海賊による海賊のための感謝祭(ONE PIECE)
    歌:田中真弓、岡村明美、平田広明、山口勝平
 24.Family(ONE PIECE) 歌:田中真弓、岡村明美、平田広明、山口勝平

以下、指揮:田中公平、演奏:尚美's POPS ORCHESTRA、東京ブラススタイル、BLUFF
 25.ウィーアー!(ONE PIECE) 歌:田中真弓、岡村明美、平田広明、山口勝平



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク