テンションだうーん…orz

あらかじめお断りしておきますが、今日はちょっと(いやかなり?)グダグダな記事です。

まぁ、今日は朝から色々ミソはついたんだけどね。電車が遅れまくったりとかねー。でも、割と淡々とやってたんだけどなー。元々、わたしゃそれほどテンションの浮き沈みはない方だしなー。

ところが、なんか帰ろうとしたときに、突然がくーんとテンションが下がったんだなぁ。まぁ、原因は自分でわかってて、ずっと寝不足気味でぐったりしてたとこに、外のアホみたいな湿気で体力が尽き掛けたからだ(苦笑)。

ただ、体力がなくなってきても、運動(ライブとかな!)とかしてるときなら、テンションは突き抜けていくんだけど、単に体力尽きてくると、普通に肉体状況にテンションも比例するのなー。当たり前といえば当たり前のことなんだけど、その瞬間は単にテンション下がったという認識があるだけで、根本的な原因に思い至ってないっていうね。それだけ、眠気に侵食されてたってことだと思うんだけど(苦笑)。

まぁ、しかし、今日の湿度はひどいねー。幸い雨には振られなかったんだけど(これ書いてる瞬間は、外はえらい雨ですが)、気温高めで湿度がいっぱいいっぱいってのは、それだけですべてのやる気が失せるわ(苦笑)。

そんな状態になると、電車内でのちょっとしたことが気にかかったり、細かい色んなことが全部ストレスを高める要素になっちゃうのよね。ただでさえ低いテンションがどんどん下がっていくというまさに負のスパイラル。だからといって、暴れるわけにもいかないので、帰りながらできることで沈めようとするわけでな…。

そんなときに、精神安定に一番効くのが、声なのよねぇ…。我ながら見事な声フェチだなーと思うのだが、堀江由衣とか、能登麻美子とか、早見沙織とか、その辺のトークだとか、歌だとかを聞いていると、ささくれだった気分がすーっと収まっていくのね。声優としての好き嫌いとはちょっとベクトルが違う声質の問題なんよねぇ…。まぁ、この3人だって声質同じじゃないですがね(苦笑)。

ちなみに、昔から大好きだった、椎名へきる先生は、こういう用途には向きません…。あの人の声は、平時ならテンションを高める効果があるんだけど、精神がささくれてるときは、イライラが増すのです…。

一般的にヒーリングミュージックといわれてるものも、それなりには効くのだけど、やっぱり好みの声が一番なんだなー。ちなみに、女性だけじゃなくて、バリトンくらいの落ち着いた男性ボイスでも同様の効果は期待できます(ぉ)。銀河万丈さんとかイイネ!

まぁ、そんなんで、テンション管理をしながら生活している今日この頃です…。いいから早く寝ろって話なんだけどな、根本的には(苦笑)。アニマスに備えて仮眠しないとナ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク