三十路祭り(謎)。

今日はIRCやらでよくつるんでいる某氏の30歳誕生日記念の宴会でした。割と突発だったのは内緒だ。

まぁ、そこで当人がだいぶ30歳という年を気にしてたんで、んーそんな変わるもんかねぇとか思って、ちょっと書いてみる。

ご存知の方も多いかと思いますが、わたしゃ三十路も半ばで四捨五入すりゃ40という年齢ですが、あんまり30歳ってのは節目として考えたことはないんだよなぁ。仕事環境がかなり安定してた時期ってのも関係してるのかなー。でも、一般的にも30歳って、そんなに仕事環境があんま動く時期でもないような。もう数年ずれる気がするんだよね(わたしの仕事キャリアは、かなり特殊なものなんで、感覚おかしい可能性は否定しないけどねw)。

体力的なものは30歳は特に節目じゃなかったなぁ。はっきり体力が落ちてきたなーと感じるようになったのは、実はここ数年だったりする。色々はっきり体力は落ちてきたなぁって感じはする。

あとは、30歳が節目みたいに言われることが多いのは、結婚絡みの話なんかなぁ。でもそれも、平均初婚年齢もだいぶいってるから、あんまり適切じゃなくなってる気もするしねぇ。まぁ、節目をわざと作って、色々見つめなおすというのは、いいのかも知れんけどな。わたし自身が、あんまり節目とか記念日とか、頓着しない性格ってのもあるとは思うけど。ぶっちゃけ、自分で自分の年齢がわからなくなることは結構あるw 普段気にしていないもんでな。

ただまあ、30歳以降になって意識が変わったのは、今後のことを色々考えるようにはなったかなぁ。わたしは幸いにして、両親ともに健在なんですが、何かあったら的なこともあるし、自分自身が何かあったらってのもたまに考えるしねぇ。あんまり仕事のキャリアのことは考えなかったりするんだけどな(ぉ

後は、老後どうしようかとかな。本気で単身オタ向けの老人ホーム的なものを作れないかなーと、素案は何度も練ってたりはするしね。絶対需要はあると思うんだ。ま、第一義には自分が入るために考えてるんだがねw 絶対今後は、単身オタで老齢になる人は増えるし、そういう人間の安全面とか、死後の戦利品の処分とか、色々特殊な対応が必要な場合が多い気がするんだよなー。

あー、ひとつ三十路になってはっきり変わったことがあるな。

時の流れが確実に早くなったよ。ほんとにあっという間に1年が終わっていく。まー、時の流れの自分が飲み込まれように注意したいところだなー。

いずれにしても、某氏、30歳のお誕生日、おめでとうございますw
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとうございますw

Re: No title

おめでとうございますw
プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク