スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(9)」(伏見つかさ)読了。

電撃つながりということで…。電撃文庫・秋の祭典の落選メールが、今日ぼんと飛んできたんですが、見事にどのイベントの抽選結果なのかが書いてなくて、落選通知の数から残数が当選だけど、どれが当たったんだとみんなで話していたわけで。自分は結局1つだけ当たったんですが、帰ってきて届いてたはがきを見たら、「C3-シーキューブ-」のサイン会だったよ…。

電撃のイベントで、サイン会って当たったことなかったんで、当たらないものだと思ってたので、びっくりしたw せっかく当たったので頑張ってきます(何を?)。

さて、タイトルの俺妹ですが、まぁ、あんまりネタバレはしないようにはしますが、完全にはネタバレ排除はしてないので、そのつもりでお願いします。正規の発売日は過ぎてるので、折り返しもしませんので、自己責任で。


今回の9巻は本編というよりは、完全に外伝ですね。俺妹本編は、京介視点の話なわけですが、これは全編、ヒロイン陣(なんか、赤城(兄)もこの枠らしいぞ!)の視点で描かれています。

端的に感想を言うとだな。

くそう、みんなかわいいじゃねーか!!

ってことになるわけだが(端的すぎる)。

五更姉妹も、桐乃も、瀬菜も、あやせはもちろん、あまつさえ沙織や、加奈子に至るまで、みんなかわいく見えてきてしまってなぁ。そういえば、麻奈実さんは電話でちょっと出てきただけで、全然出てきませんでしたね。やっぱり、ラスボス扱い…?

一応、書かれている時系列としては、8巻終了後の視点になっています。ただ、書かれているエピソードは過去のものなので、8巻終了後のキャラクターが過去を回想して書いているという体ですね。

乙女全開なのに発言が完全に電波な家庭での黒猫とか、「キモイ死ね」とか本文で書きながら超絶気合入った写メを送ってくる桐乃とか、京介が桐乃と別れたのは自分のせいだと本気で信じてたあやせとか、みんなマジでかわいいっすよ?

いやまぁ、ぶっちゃけ、年取ってきて、ある程度余裕が出てくるせいか、リアルでも多少ひねくれてたり素直じゃない子って、普通にかわいく見えるようになってきたからなぁ…。ぶっちゃけ、桐乃とか同世代の人が見たら、単にむかつく子に見えても当然なんじゃないかなーと思ったりはしますが。

話がずれた。まぁ、見所は京介視点では見えなかった色んな出来事が、別視点から見ることでまた広がりが増すというところと、沙織なんかはちょろっと前に出てきてた、過去話ががっつり出てきています。

そして、読み進めていくと、この沙織と過去に関わっていた人達が、実は別キャラに関わってた人だったりっていうつながりも結構出てきてて、面白いですなー。っていうか、俺妹はどんどん無関係なキャラが減ってきている印象だわ。巻が進むごとに、実はどっかでつながってるって設定が増えてきている気がする。まぁ、沙織自身が本文中でいってますけどね「交友関係が広がっていくと、知り合いの知り合いは、知り合いみたいな形になっていく」とw

特に加奈子が、単なる脇役だと思ってたのが、どんどん関係性が深くなってきてるとこが…。次巻辺りでヒロイン枠に昇格しちゃったりするような勢いだぞ、これw もしそうなら、話が収束するんじゃなくて、更に発散していくことになってしまいますが…。まぁ、加奈子はPSPでも、ifルートとはいえ、ヒロイン扱いされてたものなー。そういう意味では違和感がないのか。

あと、ちょっと気になったのが、今回は本文の中で、色んなキャラが「京介は別にスーパーマンではない」という趣旨のことをいっている。これは浮ついた関係性から、地に足がついた関係性に変化していくということを暗示しているんですかね。明確な意思をもって繰り返し書いてるのは間違いないでしょうが。

さて、上でちょろっといったように、今回は完全に麻奈実がスルーされてるので、いよいよ次回はその辺がメインの話ですかねー。あやせが、麻奈実をガチで怖がってるあたり、ちょっと面白い。

しかし、京介はモテモテだのぅ…。当人に自覚はまったくないですがw とりあえず、次が楽しみだぞっと。



スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。