スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメTHE IDOLM@STER 14話

イベントレポが重なったために、2日遅れでお送りします。アニマス14話の感想でございます。

いつものように、本編は折り返します。「続きを読む」からどうぞ。












2クール目の第1話ですな。OPも「CHANGE!!」という新曲に変わり、色々なことが変わり始める、そんな話でしたなー。

1クール目が↑がテーマだったのが、2クール目は☆になりましたね。上昇を目指している段階からスタアになったという理解でいいんでしょうかね。序盤のライブシーンは本編の使いまわしですけど、全般的によく動いてるなぁ…。そして、りっちゃんがステージ衣装着てるぜ…。

序盤の構成は1話をなぞる形だなぁ。春香の出勤(?)風景から始まり、転びそうになりながらも転ばなかったり(1話では転んでた)、あちこちに765プロの記事やポスターなどがあって、春香は電車内でなんと変装してみたり。そして、1話ではがらがらだったスケジュール表がぎっしりと埋まっている…。推定Cランクくらいでしょうかね。

各キャラの状況を追っかけていくのも、微妙に1話との対比にも見えますね。自信のなかった雪歩が余裕をもっていたり、孤立してた千早が仲良く春香と話していたり、そして、美希がPをハニーって呼んでみたり…。

765プロ的には竜宮小町が先行してる感じでしたが、先日のライブで他の面子が追いついたってことでいいのかなー。久しぶりの全員揃いの仕事といってますけど、結構小町も含めて「765プロオールスターズ」という枠で売ってるようなので、もしかすると、あんまり小町独立の動きは出てこなくなるのかな。

さて、いよいよJupiterがしっかり登場し、961プロも本格登場ですよっと。そして、やっぱりいきなりダーティな絡み方してくるんだなぁ(苦笑)。まぁ、765プロ(というか高木社長に)私怨があるとはいえ、絡んでくるってのはやっぱりそれなりに目立ってきたからってことなんだろうな。運動会では圧力かけようとしてた事務所の人間に「ふん、小物め」なんつってましたからなw

しっかし、961プロとの話の中で、浮かない表情の小鳥さんがフォーカスされてるのって、やっぱり小鳥さん絡みで問題が起きたってことだよね。小鳥さんのアイドル時代の話をやってくれたら、超俺得なんだが…。そして、真美の「目には目を、埴輪にはニーハオ」には、思いっきり噴き出したw この台詞書いた人偉い。

空気が悪くなったときに、いつものように春香がポジティブ発言しようとしたところで、さくっと美希に春香の役割を持っていかれたああああああああ。くぅ、なんか覚醒状態になった美希(髪型は変わってないけどな)は、油断ならないぜ…。

短絡的にやり返そうとする意見を抑えて、実力で見返していこうという赤羽根P。1クール目と一番変わったのはこの人かも知れんですな。12話あたりから、えらい勢いで成長してるぞ、この人w しかし、961プロをどうしようというのかね、この人は…。

気持ちが盛り上がったところで、EDは「Colorful Days」。いよいよ、本筋の熱血ストーリーが進んでいきそうな展開ですが、次回はまたちょっと日常編なのかな…。
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。