「RO-KYU-BUライブ」(10/23)に行ってきた。

昨日は諸般の事情によりお休みです。いやー、なんか家にいると書く時間なくなるっていうかね。むしろどっか行ってると、移動時間に書けるってのがあったりします。

というわけで、本日、品川ステラボールで行われた「RO-KYU-BU!」のライブ初日を見に行ってきました。あんまり曲名とかは詳細に書いてありませんが、それなりにネタバレになるとは思いますので、何も情報入れずに今後のライブ見たいって人はお勧めしません。本編については、折り返しておきますので、ネタバレ気にする方は、折り返しの前までをどうぞ。

物販はだいぶ大変だったみたいですねぇ…。自分は15:30くらいに会場入りしたので、結局先行物販は並んでいないのですが、14:00が物販の開始で、14:40頃には「並んでも先行販売では購入できないかも知れない」という案内がされてたという話ですな。別に物がなくなった訳ではないので、捌きの問題だったんだろうなぁ…。

んでまぁ、開場は17:00で、16:30くらいの列形成が始まりました。列の作り方は大雑把に並べておいて、入口前まで移動してから個別番号コールって形でしたね。

んでまぁ2桁の番号持ってたわたしは、2番目の51-100番のコールでホール入口へ。今日のもぎりは、コインロッカーの先のところでした(外のロッカーじゃなくて、中のロッカーね)。そして、左手に物販が作られていました。

で、自分がホール入口に来た段階では、まだ個別の呼び出しが始まっておらず、時間のロスなしで、物販とロッカーが利用できたという状況でして(汗)。思わず、物販で買い物してしまったいw

一応折り返しておきますか。「続きを読む」からどうぞ。




とりあえず、楽しかったんだけど、なんか疲れた(苦笑)。詳細は後述するけれども、余計なことに頭使ってたので、若干意識が飛んでた部分がありますので、曲順とかはかなり曖昧なんで、そこは予めお断りしておく。

んで、上手側の2列目の陣取りました。開演時間が近くなると、後ろの方にいわゆる「厄介な人」が集まっているのか、そちらで奇声をあげている人が多く、前の方は比較的静かに開演を待っているという状況でしたな。

10分ほど押して、18:10に開演。んで、メンバーが出てきて、イントロが流れた時点で、ごっそり前に押し込まれました。えぇ、最前列に(苦笑)。正直、ちょっと危ない状況だったと思いますわ。この辺の苦言は最後に。

オープニングは「SHOOT!」「ギンギラ☆エール」と2曲連続で。一気に会場のテンションは上がるっつーか、割とこっちは後ろのテンション押さえるので精一杯だったけどな!それでも頑張って、5本のリウム振ったよ!衣装はイベントとかいってる人は御馴染みのユニフォームですな。

まあ、あとは大雑把に(苦笑)。衣装はアンコールのTシャツまで含めると4着かな。衣装はみんな、どれもかわいかったねー。あ、中盤のひよっちはセクシー系でしたけどね。

構成としてはオープニングから、あと1曲くらいやったのかな。その後は、高校生コンビの場つなぎのトークコーナーがあって、はなざーさん、ゆかち、ひよっちの3人曲が2曲、唯ちゃん、里菜ちゃんの2人曲が2曲。

で、キャラ紹介のPVが流れて、そのPVは音楽だけで台詞は画面に出る形だったんですけど、最後の「やっぱり小学生は最高だぜ!」ってとこだけ音声が入ってるとか、もはや悪意を感じるレベルwww

そして、半ば呆れ顔のはなざーさんがドレス風衣装で登場。「『小学生は最高だぜ』じゃないよー!」という罵倒をいただく(ぉ なんか、ここでいきり立ってる奴多すぎだろうwww

その後は、ソロ曲コーナーですね。はなざーさん、ゆかち、ひよっち、里菜ちゃん、唯ちゃんという順番。発売順番で来てるところ、高校生コンビだけ入れ替えたのは曲のノリの問題ですかね。確かに愛莉の曲を最後に持ってくるのは曲調的に厳しいかもしらん。

ゆかちは曲中に会場でウェーブとかやってみたり。ひよっちは、ギター(ベースじゃないよね?ちなみに右利き仕様)を持ち出してみたり(多分、実際に音は出してなかったと思うのだが)。里菜ちゃんはしっとりという感じ。唯ちゃんは、男中心の客席で「おー」やるのは面白いけど微妙w

今度はリハ風景の映像が流され、みんながなんか楽器持ってる映像が流されたりしてましたねー。そして、映像開けは全員集合で「ギャオす!!」をやり、「Party Love~おっきくなりたい~(Album Ver.)」で本編が終了。ぱーりらのテンション上がり方が半端ない。さすがにここだけは、ウルトラ系、大閃光系が会場中で乱れとんでいましたなー。

アンコールのコールは誰が始めたのか「RO-KYU-BU」でした。最初、厄介な人たちを中心に「ぱーりらぱりらぱーりら」とコールしてたんですが、体力が尽きたので途中で潰えるという…。やるならしっかりやれよ(苦笑)。

アンコールは1曲+「RO-KYU-BU!」かな(ごめん、記憶があやふやなんだ)。まぁ「RO-KYU-BU!」については、最後にやるイメージしかなかったので、まったくもって予想通り(苦笑)。

終了が20:20だから、都合2時間10分のライブでした。みんなかわいかったし、動きも良かったし、若いって素晴らしいとちょっと思った(どちらかというと、もうちょっと年いった人達見ることが多いので)。何度も、みんなが唯ちゃん褒める→唯ちゃん照れるという展開がなされていて、ある意味マスコット状態になってるのかなぁと思ってみたり。まぁ、振付やってるわけだから、単純にみんなから一段上に見られてのかも知れませんが(苦笑)。

あと、細かいことなんだけど、今日見てて「お」と思ったのが、ひよっちが舞台からはけるときに、必ず深々とお辞儀してからはけること。ちゃんとした娘なんだなーとちょっとほっこりしたw なんか、気付くとオチ担当にされそうになってたのは見なかったことにしよう。

さて、ちょっと苦言コーナー。

オープニングのときにかなり強い押し込みがありました。床に色んなものが広がり、蹴飛ばされという状態になるくらいのレベルです。わたしゃ根本的に声優ライブにモッシュはいらないと思っている人間ではありますが、今日のあれはモッシュって言わないよね? だって、前に押し込んできて、位置がほぼ動かなくなったら、それ以上はちょっと厄介気味なコール程度しかやらんのですよ。それって、モッシュやりたいんじゃなくて、単に前行きたいから人押してるだけだよね?

これは個人的なことですが、オープニングの数分で、わたしの眼鏡は3回どつかれて外れました。幸いうまくキャッチできたのでよかったですが、あれ落としてたら確実に踏まれて割れてます。あんな無茶な押し込みやってたら、そのうちけが人出ますよ、本当に。

なんかねぇ、足割り込ませてそっから強引に身体入れてこようとしたりとか何度かされたので、さっくり膝とか肘でブロックしましたけど、さすがにマナーとしてありえなくないかい? なんか、そんな後ろからの割り込みに対応するのに忙しくて、素直に楽しめないライブでもありました。

こっからはちょっと年寄りの戯言。

全般的なことなんだけど、昔から厄介なファンってのはいっぱいいて、親衛隊なんて呼ばれてた人達はその最たるもんだったわけだけど、彼らが排除されなかったのは、イベントの盛り上げにものすごく役割を持ってたからなのよ。コンサートなんかをやる場合、彼らは会場中に分散して人間を置いて、周りの人間を煽ることで会場全体を盛り上げるという役割を持っていた。当時の厄介な連中は、思いあがりや勘違いはあるにせよ、「イベントを盛り上げること」こそが目的というのは共通してた。

今の厄介なファンはそういうことってないよね。身内だけで固まって、そこだけで周りの迷惑を顧みずに盛り上がっている。あれじゃあ、はっきりいってイベント全体のプラスにはなっていない。つまり「自分達が楽しいこと」だけを目的にしているんじゃないかと思ってしまう。そんなことを続けていると、いつの間にか皆が「どうやったら排除できるのか」ってことを真剣に考え始めるぜ。

ステージ自体は非常に良かっただけに、なんか客席の方が残念に思ってしまったのさ…。自分が楽しいことは大事だけれども、それは他人を踏みつけないと実現できないのかい?と聞いてみたくなる残念さでな…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク