アニメTHE IDOLM@STER 6話

寝不足続きでぐったり気味ですよ。そういうわけで、さくっと昨夜のアイマス6話の感想です。ぶっちゃけ、1回通し見して、その印象で書いてるんで、細かいとこ認識違いがあったらごめんなさい。

例によって、まだ放送されたのはTBSだけなんで、本編は「続きを読む」からどうぞ。





前回の竜宮小町誕生フラグが受けての今回ですが、うん、色々動きつつ、また次のフラグ立ててる感じだねー。イイヨイイヨー。小町の面々(りっちゃん含む)が立ち上げでばたばたしてる様子が見れるのがいいですな。ゲームのアイマス2では、もうある程度立ち位置が固まっていたので、こういう泥臭い部分が見えるのは地味にうれしい。

竜宮小町というユニット名は、水に関係のある名前の3人だからって話が出たり(そして、それを聞いて、春香が「わたしも海が入ってるのに」とショックを受けてみたり)。

そして、さくっとあずささんは髪を切るわけですが…。ここまでちゃんと説明されなかったことがボンと明かされたにしては軽すぎるなぁというのは正直思いましたが、「この方が若く見えるって言われて…」という台詞で非常に納得。あずささんなら、そう言われたら多分切るw あの人、何気に年齢気にしてるからなぁ…。

竜宮小町の活動を見て焦りまくる(赤羽根)プロデューサー。

必死に営業に回るものの、空回りしてアイドルを振り回すという。個人の特性と違う仕事をアサインしたり、ダブルブッキングを起こしたり…。気持ちはわかるけど、少し落ち着けとw 個人的にはPだけこんなに焦ってるのはちょっと違和感を感じたりはしましたが…。アイドル達は総じていつも通りなんだよね。約1名を除いて。

そして、その約1名。小町の活動を見て、自分もあそこに入りたいと言い出す美希。電話中とはいえ、かなりいい加減な「頑張れば入れるんじゃない」的なPの言葉を信じ、少しやる気を出すという。遺憾なく才能の無駄遣いっぷりを披露して、周りの評価が一気に上がっていくし…。

はっきりいって、地味で目立たないのに、ふっと気づくと話のコアなところにいる春香さんはさすがです。あんまり目立ってないけど、ほぼ毎回、結構重要な役割振られてるよ!さすがメインヒロイン…。

後半では、ついに本格的なステージ映像が。まさか、「SMOKY THRILL」のゲーム版の振りを、そのまんまアニメでやるとは思わなかった(苦笑)。いや、これはすごい、必見です。これだけのもの作りこもうと思ったら、そら、たまにしかライブシーンは作れないよなぁと納得させる出来。

このライブシーンは、テレビ放送を事務所のみんな(録画なんで、小町もいる)で見てるわけですが、最後の方で美希のアップがあり、ちょっと驚いたような表情をしてたのが、ふと真剣な表情になって、視線を動かすってシーンがあります。あの最後の視線を動かした先には何が映ってるんだろうなぁ…。単に表情変わっただけなら気にならなかったんだけど、視線が動いてるんだよね。テレビの映像から、そこにいる当人に視線を動かしたのかなぁとか思ってますが…。

そして、EDは「THE IDOLM@STER」の初代のバージョン。OPと同じように矢印がいっぱい出てきて全キャラ登場という、まさに最終回っぽいという…。あれ、俺確か前回も序章の終わりとか書いたような(苦笑)。

予告見ると来週はまたちょっと日常系の話っぽいですが、本筋どうなっていくのか気になるわー。美希は覚醒するのかしら…。
スポンサーサイト

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク