スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンパスの件。

経済関係に限らず、今日のニュースはかなりこの件で持ちきりでしたなー。状況がよくわかってない人は、とりあえず以下の記事を読んでくれたまい。経済ニュースなので、慣れてないとちょっと読みづらいかも知れないが、一般紙より的確な内容なので。

■オリンパス:買収費で投資含み損を穴埋め-菊川氏ら関与、告発も(3)(Bloomberg)

まぁ、社長解任劇の段階で、なんか出てくるだろうなとは思っていて、特別背任あたりの刑事事件に発展するんかなーとは思っていた。ただ、正直、こっち系の話が出てくるとは思ってなかったですよ…。

端的にいって、非常によろしくない。単純な背任関係の話だったら、まだマシだったんだが、これで大規模な粉飾決算とかって話になってきて、万が一実は債務超過でしたなんてことになると、本気で洒落にならない(まぁ、足元はしっかりした会社なんで、財務基盤がそんな弱いとは思わんですがね)。

全容はしっかりとした調査を待たねばなりませんが、現時点で最大の問題点は、上に張った記事でも言及されていますが、20年近くも見過ごされてきたことなんだな。

人間がやることなんで、魔がさしたとか、とち狂ったとか、そういうことは場合によったらあるだろう(まぁ、上場企業でそんなこと起こってもらっても困るが)。ただ、そういう不測の事態が起こったときに、きちんと発見されなければいけない。

かつて不正経理で隠されていて、あるとき突然時限爆弾が爆発したっていうのがエンロンやワールドコムの事件であって、SOX法ができるきっかけになってるわけですな…。日本でもJ-SOXなんて言われている内部統制の規制は行われていて、すでにこの手の事件は、対策が行われているものだという認識があったと思う。

でも、それがオリンパスという日本を代表する企業で発覚したというのは、下手をすれば日本の企業業績や企業監査全体への信用問題になりかねない。つーか、結構図式がエンロン事件に似てるのだなぁ…。株とかやってる人なら、多分、朝の「損失先送りが明らかになった」って発表見た時点で、みんなエンロンを思い浮かべたと思うんだ。

正直、監査法人もただで済むとは思えない。知ってて見逃したら当然犯罪だし、見抜けなかったとしたら、監査法人の役割を果たせていないってことなんで、どちらに転んでも無事じゃ済まんだろう…。ちなみに、担当してるのは2009年までがあずさ、それ以降が新日本。まぁ、新日本は大きな動きがなければ気付かなかったかも知れないが、あずさはどう考えても追求は免れんよな…。

オリンパス単体で見ても、一般人にとってはカメラメーカーという印象が強いですが、現在の主力は内視鏡を中心とした医学用光学機器。内視鏡の世界シェアは70%近いというスゴイ企業なんだよなぁ。医学用機器ですから、色んな意味で信用は大事。万が一、屋台骨が傾くようなことがあると洒落にならんなぁ。そんなことになったら、事業売却という未来がはっきり見えてくるんで、どこが買うんだと考えると、結構恐ろしい想像が…。

まー、とりあえず、きっちり調査やって、全部表に出してくれ。ほんとに信用問題なので、きっちり問題点は出してしまわないと、本当に日本の市場が沈む…。ある意味で「オリンパス・ショック」というのを起こしかねない事態なので、状況をしばらく注視していくことにしますよ…。

スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。