スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「志らく一門会」(12/5)に行ってきた。

連続イベント4日目。そろそろ微妙にへろへろになってきた(苦笑)。

というわけで、上野広小路亭で行われる最後の志らく一門会に行ってきました。志らく一門会は、次回から内幸町ホールに移ります。平日にも関わらず、最後だからか、はたまた家元が亡くなったタイミングだからか、超満員になっていました。これだけ隙間なく入ったのは随分久しぶりな気がします。

真打トライアルが始まる前の一門会は、毎回前売完売にはなっていたものの、数席の空きがあることは多かったんで、見渡す限りどこにも空きが見えないってのは、いつ以来だろうという印象。

では、出演順にほとんど一言ずつの感想を。

開口一番はらく人さん、根多は「子ほめ」。割と最近入った人ですよね。高座で見るのは初めてかも知れない。まぁ、今回の雰囲気はちょっと酷だったかも知れぬ(苦笑)。

続いては、らく里さん。根多は「長短」。家元の話をミスリードさせようとして、すべり気味(苦笑)。この人はわたしゃ、ざま昼席で前座時代をさんざっぱら見てるので、感慨深いものはあるなぁ…。もうちょっと「長」側を引っ張った方がいいのかなぁという気も。ただ、押してた時間を定刻に戻したので、それは酷ってもんか。

志ら乃さん。根多は「平林」。なんか、真打昇進決まってから、俄然元気になってきたねぇ…。ほんと憑き物が落ちたみたいというか。家元が亡くなったことについて、色んな落語家への取材の話なんかを枕に、「家元と縁のある話ではなく、根多おろしみたいな話を」とのことw 志ら乃さんの、こういう滑稽話は、好きだなぁ。

中入り後、こしらさん。根多は「風呂敷」。冒頭の第一声が「はい、真打です」という、ある意味いつも通りのノリ。真打昇進に関する話をちょっと、avexから出た落語CDの宣伝、その他グッズの宣伝で時間を使うw 根多に入った時点で持ち時間5分という状況で、当然のように10分ほど引っ張りました。例によって面白いんだけど、落語としてはどうなんかなぁという根多でした。新さんを、本当の間男にしちゃいかんと思うんだがなぁ…。

トリはいつも通り、志らく師。根多は「黄金餅」。しばらく家元の話。他でもされている話ですが、見舞いに行った話や、亡くなった日にやたらぞわぞわして、見舞いに行きたいと申し入れていた話。夢に家元が出てきたという話。あとはtwitterとかでも言っていた「談志が死んだことで、現代落語が崩壊した。これから弟子達で復興させる」という件についてしばしの説明。

そうして、家元に縁のある噺を、ということで「黄金餅」。うん、ほんと気持ち悪いし壮絶な噺ではある。でもなんというか、登場人物の必死さがまた心に迫る噺でもありますな。なんだかんだで、志らく師の「黄金餅」は結構聞いていますが、なかなか鬼気迫る噺であったかと。

というわけで、広小路亭での最後の一門会が終わりました。あの雰囲気は結構好きではあるんですがね。後ろの方だと、人の頭が邪魔ですごい見づらかったりはしますけどw あと、一門会の後にデリーでカシミールカレーを食べる習慣がついてるので、それもちょっと寂しいなw

つーわけで、冒頭にも書いた通り、次回1/9(月・祝)の会からは、内幸町ホールでございます(座席も自由席じゃなくて、全席指定になります)。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

「鳳志の会」(12/1)に行ってきた。

このブログになってから、鳳志さんのこと書くの初めてか。つーか、今年初めて行ったんじゃないかという気がする…。まぁ、ちょっと不義理が過ぎるなぁ…。

というわけで、三遊亭鳳志さんの独演会「鳳志の会」に行ってきましたよ。

三遊亭鳳志さんは、円楽一門会所属の落語家。先代の圓楽師匠の総領弟子、三遊亭鳳楽師匠のお弟子さんですな。まぁ、現状はすでに真打なので、あんまり師匠がどうこういうのはアレですが。某居酒屋の落語会でお会いして、それ以来、ご連絡いただいているという感じで。

会場は、お江戸日本橋亭。8月と12月は例年も人少ないんですが、今日もちょっと寂しい感じで(苦笑)。ぶっちゃけ、こんな記事書いたら、さくさく特定されるだろうレベルなんだが…。まぁ、気にしないようにしよう。

開口一番は、桂宮治さん、根多は「だくだく」。桂伸治門下の前座さんですが、来春には二つ目に昇進されるそうな。元々声はしっかり出ているし、客席いじる余裕はあるし、上手い人だと思います。まぁ、今日はちょっと声張りすぎたかなぁって気はしなくもないw わたしがめっちゃ好きな「だくだく」ですが、ちょっとまた聞いたことないパターンだったなぁ。こうやって、演者によってころころ変わっていく噺を聞くのも、また落語の楽しみ。

鳳志師が出てきて、根多は「らくだ」。冒頭で家元の話をされ、一応追悼ということで、家元の得意ネタを2席やるとのこと。で、1席目がこの「らくだ」ですな。この噺は、かんかんのうをどう扱うかってのがひとつの見所ですけど、くず屋の歌だけやってかんかんのうの踊りの方はスルーという感じでしたなー。この辺も演者のやり方が出ますな。てか、鳳志師の「らくだ」ってわたし聞くの初めてだよな、多分。でも、残念ながら、わたしは「らくだ」が苦手なのです…。どうしても中盤で眠くなるんだよなぁ。ちなみに、飲んでるところでサゲ。

ゲストの三遊亭歌奴師、三遊亭圓歌一門ですな。根多は「阿武松」。この人もちょっと殿様系かなーw 高い声がすっと通りますね。相撲ネタなので、呼び出しをやってみたり、場内アナウンスをやってみたり。こういうのは楽しいなぁ。やっぱりちょっと声張りすぎなところが…。なんだろう、客が少ないからその分、声張っちゃうのかなぁ。もうちょっと抑えてやってもいいんじゃないかなーという率直な感想。

仲入り後、再び鳳志師で、根多は「鼠穴」。いかんなーと思いながらも、先日の真打トライアルの講評を思い出しながら聞いていた俺がいた(苦笑)。前半と後半の弟の声音の対比とか、兄貴の店の番頭の扱いとか、そういう奴ね。まー、そういう邪な感情を脇に置けば、しっとりとしていて、またある程度色んな対比もされていて、良い「鼠穴」だったと思います。

円楽一門会は、江戸落語の団体では一番厳しい立場にあるので、是非頑張って盛り上げていってもらいたいところですが…。とりあえず、独演会でいつも見る顔ばかりがいるって状況は打破していただきたいところです(苦笑)。慣れなのか、やたらあちこちで携帯鳴ってたしな…。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

談志が死んだ。

『俺が死んだ。"俺"とは、この俺様、落語立川流家元立川談志のことで、死因は「ふとした病」である』。

これは、2002年に講談社から刊行された「立川談志遺言大全集 (14)芸人論二 早めの遺言」の最後に収められている「死亡通知」の冒頭である。

家元はこんな前から遺言(と称するもの)を書いていたわけで、一門の中でも遺言だとか、家元が死んだらどうなるなんて話は、みんながネタにしていたもんである。2003年には「談志が死んだ」というそのものずばりな名前の本も出版されている。

ここ数年は、実際家元が体調を崩し、「(その時に)家元が健在なら」なんて話はよく出るようになっていた。でもなんか、わたしの中では、家元は死なないような気がしてたんだなぁ…。いやむしろ、遺言だなんだと自分で言っていたからこそ、そう感じたのかもな。

前にも書いたことがあるかも知れないが、自分がちゃんと落語を見に出かけるようになったのは、1993年にフジテレビで放送された「落語のピン」という番組がきっかけである。「落語のピン」という番組は、家元がテレビ向けの落語を研究するみたいなことを言ってた番組で、カメラを意識して、明確にカメラ目線でやったりということをやってたんですな。

さっき、DVDでその映像を何本か見ていたんですが、うん、面白いんだけど、最近の家元とはまるで違うことに改めて驚いた。まぁ、最近っつっても、わたしがちゃんと生で家元見たのは数年前が最後ですけどね。なんか、見ていて辛くなってしまって、チケット取るのも大変ってのもあって、離れてしまっていたんだなぁ。

立川談志という人は、ずっと変わり続けていった人であるのは間違いなくて、早くからテレビを重視して、自身がバラエティに出たり、「笑点」を始めたり(ご存じない方もいるかも知れないが、あの番組のフォーマットは談志が作ったもんです)。「落語のピン」もその延長上にあったものでしょう。

まぁ、わたしみたいな素人が談志語りをするのは無理があるので、その辺は談志信者の方々にお任せしよう。

自分は談志信者というより、志らく右翼なんで、実は家元についてはそれほど重要視してなかったところがちょっとある。でも、こうして亡くなったと聞いて、今もの凄い喪失感に襲われている。ちょっと思考が止まるくらいの喪失感。してみると、やっぱり自分の中でも、立川談志という人は、もの凄い存在感を持っていた人なのだなぁと、改めて実感しているところです。

こうしてみると、志らく師があのタイミングで、真打トライアルを企画したのは、家元の体調とも無関係ではなかったのかもなぁ。第一回目のときに「最終結果が出たときに、談志が生きていれば」という話があって、冗談だろうと思ってたけど、そうじゃなかったのかもなぁ。なんとか、亡くなる前に、孫弟子から真打をと思ったのかもしれない。まぁ、本人に聞いてもそんなことはないとおっしゃるだろうけど。

こしら、志ら乃という孫弟子初の真打昇進は見届けて欲しかったなぁ。10月27日からずっと意識が戻らなかったという話なので、2人を真打に上げるという報告も届いていないはずなんだよな。それはちょっと切ないなぁ…。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

「志らく一門会」(11/6)に行ってきた。

上野広小路亭に志らく一門会を見に行ってきました。今週3本の落語会の最後ですわ。ずっと一門会は真打トライアルだったので、普通の一門会は半年振りですなー。そのせいか、客席には若干の空席が…。チケットは売れてるらしいので、この天気のせいですかねぇ。

根多は出演順に、がじら(開口一番)「たらちね」、志らべ「三方一両損」、らく次「首提灯」、仲入り後、志ら乃「反対俥」、志らく「寝床」でした。

がじらさんは、志らく一門11番目の弟子。一番最近入った人かな、多分。わたしも高座で見るのは初めてですね。第一声はよく出てるなと思ったけど、まだ不慣れという感じでしたねー。でも、最初からこのくらいの声と噺はできるんだなぁと変な感心をしてみたり。

志らべさん、第一声が「江戸っ子は五月(さつき)の鯉の吹流し」とやって、会場の一部が大爆笑。そして、袖から「おい、俺の根多とるな!」という声が。…袖で何やってんすか、こしらさんwww

検索してこのブログにたどり着いた人には多分説明不要なんだろうけど、そうじゃない人も多いだろうしな…。「江戸っ子は~」ってのは、先日真打昇進が決まった、立川こしらさんが、毎回本編に入る冒頭にやるんですな。んー、春風亭柳昇師匠が生前「大きいことを言うようですが、春風亭柳昇といえば、日本ではあたしひとりです」って、やってましたが、あんな感じ。まぁ、本来は伝統的な枕のひとつなんですが、すっかり志らく一門では、こしらさんの根多になってしまった(苦笑)。

らく次さんも、冒頭で「江戸っ子は~」とやって、また会場の一部が大爆笑。そして、また袖から「おい、俺の根多とるな!」って、まだいるんですか、こしらさんwww

志ら乃さんは、いろんな意味で独演会の再現って雰囲気。ショートケーキの日の話は数ヶ月前の独演会でやったろうw まぁ、気楽にやってもらえるなら、何より。

志らく師匠。「上がって、講評する習性がついている」ってとこから始まるw 一門会の会場変更について、軽く説明がされる。

「お江戸広小路亭は、狭くてまぁいわゆる寄席っぽい雰囲気があるところで、非常にいいのではあるが、楽屋が一階下にあって、高座の話がほとんど聞こえない、と。立川流は定席がないので、他の演者の話を聞いて刺激にしてもらいたいので、まだ楽屋と舞台が近い内幸町ホールの方がいいんじゃないかという親心」とのこと。

真打トライアルについても、ある程度の説明がされたんだけど…それほど目新しい話でもなかったので、ここでは省略。

根多の方は「寝床」。最近は途中までで切って「素人義太夫」という名前で演じられることが多い話(つーか、twitterでは俺も「素人義太夫」と書いてしまったわい)。旦那のひどい義太夫をちゃんとやって見せるってのは、初めて見た気がするなぁ…。俺、志らく師の「寝床」、昔に見た記憶はあるんだけどなぁ…。

なんか、状況説明に終始してしまったな(苦笑)。すいません、正直落語の感想まとめるの苦手なんです(苦笑)。先日の談春師匠みたいに、死神の新しいサゲつけたりすれば書くことはあるんだすけど、基本的に古典だと皆さん根多はご存知なので(苦笑)。全体の雰囲気とかくらいしか書けないんですよね。まぁ、日々精進ってことで…。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

「志ら乃大作戦・第29話」に行ってきた。

昨日休んだせいで、完全に一勤一休状態になっている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか(マテ

わたしゃ、今日も今日とて志ら乃さんを見に行ってきました。つーか、月曜が真打トライアル、水曜が独演会、日曜が広小路亭の一門会って固まりすぎだろw

というわけで、今日は真打昇進が決まった直後の独演会に行ってきました。まぁ、さすがに大分力が抜けてましたね。「内定」をもらってから4年になるのかな、なかなか長い足踏みだったものなぁ…。

話がそれた。本題に戻ろう。

開口一番はいつも通り、らく兵さん。根多は「たらちね」。なかなか軽妙にやってましたね。すっ飛ばしたり、間違えたりしたときに、すっと次のフレーズでそのことをネタにできるのは長所。でもそれが芸風になるくらい間違えるようじゃ困るw

で、後は志ら乃さん。一席目「反対俥」。さすがにちょっと神妙な…というかやっぱり脱力したって表現が一番合ってるかな。まぁ、そんな様子で話し始める。まずは真打昇進が決まったことの報告と、真打トライアルの話を少々。そっからなぜか自宅マンションの愚痴になっていく辺り、調子が戻ってきた感じだなw あとは、この噺の因縁について。家元が志ら乃さんの落語を見て、「あれは前座の芸だ」と激怒したって話は割と有名ですが、それが「反対俥」だったってのは知らなかったなぁ。内容はせっかちで元気のいい俥屋と、療養中の俥屋の対比はいい感じ。数ヶ月前でばたばたしてた時期はこういう対比がきっちり取れなかったからな。あとはオチの馬鹿馬鹿しさがいいね。

二席目「悋気の独楽」。これは割とやってる話かな。記録を確認すると、2010年8月の独演会でやってるみたいだ。これも力抜けて結構いい感じに。何度かこのブログでも子供がかわいくないって書いたけど、今日の定吉はかわいかったなw 以前に聞いたとこからはまた結構いじってた感じです。

仲入り後の三席目は「うどん屋」。余計な台詞を突っ込まずにしっかり間が取れていて、これも良かったかなー。全体的に焦りがなくなって脱力したせいか、落ち着いていい按配になってるって感じだなぁ。最近ほんと焦りばかりが気になることが多かったからねー。そばの食い方よりも音をうるさくやってたのは、うどんだからなのかなぁ…。

てな感じで、今日は久々に特に文句をつけるところもなく、素直に楽しめた独演会でした。談春師匠に「真打昇進が最後のブーストの機会」といわれたそうですが、それはその通りなんだよな。勝手に周りが盛り上げてくれるのは真打昇進が最後。あとはまぁ、名跡をついだりすれば盛り上がるけど、名跡を襲名できる状態に持っていくのは相当な盛り上がりが必要なわけで…。そもそも、立川流に引き継げる名跡なんてほとんどないっていうね。

いずれにしても、真打昇進は一区切りですが、ここからが勝負ですね。正直、呼べる客の数という意味では、現状こしらさんの方が上でしょう。ぶっちゃけ、真打トライアルの記事も「こしら」で検索して来る人がすっごい多いんだ(苦笑)。

変に焦ったりせず、着実にやっていってくれたらいいなーと思ってるんですよ?

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。