スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もよろしくお願いします。

このブログは、本人が仕事を休んでるときの方が、更新頻度が下がるという、不良社員の鑑のようなブログなので、当然のように正月は休んでおりました。明日から出勤なので、年初のご挨拶だけは済ませておこうという所存。

というわけで、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

年末年始は、大晦日まで有明で頑張った後、元旦は戦利品消化、2日は恒例の仲間内の新年会、3日はgdgdという感じで過ごしておりまして、今日になって、ようやっと明日からの仕事の準備をするという状況で、黙々と各種設定をこなしてました。

正月といえば、箱根駅伝という方も多いかと思いますが、我が母校は予想通りシード落ちでした(苦笑)。東洋大ぱねぇっす。たらればを考える余地もないくらいの圧勝でしたなー。ただ、先頭がガンガン区間賞出しまくると、繰上スタートが多発して、後続は色々大変なので、勘弁してくださいw

しかし、駅伝見てて、気になったのが「山の神」って表現。昔は「山登りのスペシャリスト」って言ったよねぇ。多分「ギターの神様」とか「打撃の神様」とかと同じノリで使っている表現なんだろうし、今井選手や、柏原選手は、単に「スペシャリスト」と呼ぶんじゃ表現が足りないのかなぁってのはわからんでもないんですが…。でも「山の神」って、普通女性神じゃないですか。嫁さんのことを「うちの山の神」なんて言ったりするくらいなんですから。だもんで、結構、違和感を感じるんですよね。まぁ、些細なことではあるんですが。

今回の東洋大のタイムを見て、本格的にスピード化だなぁというのはひしひしと感じましたな。もう雑草軍団鍛えて優勝目指すなんて、夢のまた夢って状況になってますよねー。各校、色々金も手間も注ぎ込んで強化していくんだろうなぁ…。まぁ、宣伝効果考えると、やらざるを得ないってのはわかるんですけどね。

実際、自分も在学中に母校が優勝したのですが、その後しばらくは、誰と話していても、大学名がわかると、まず駅伝の話を振られるという経験をしまして、その知名度のすごさは身に染みて実感しています(苦笑)。いや、ほんと、なんでそんな一般常識みたいに、みんな駅伝の結果知ってるんだよって思うレベル。

ぎりぎりまで切り詰めて、才能に努力を乗せて、更に運まで引き寄せて初めて優勝できるってのは、スポーツとしては正しいのかも知れないけど、さすがにちょっと息苦しさも感じるかなーってのが、正直な感想ではあったりします。まぁ、勝負である以上、先鋭化していくのは仕方ないのだけどね。

うーむ、すっかり駅伝の話になってしまった(苦笑)。まぁ、そんなわけで、今年も1年よろしくお願いします。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

大晦日。

とりあえず、年越しそばも食って、あとはまったりと年が明けるのを待っている状態でこれを書いています。

8月にこのblogに移して、2ヶ月はきっちり書いたけど、その後はgdgdになっていくといういつものパターンに陥っておりますなー。来年は無理しない範囲で、なんとかやっていきたい所存。

今年は振り返ってみると、本当に大変な年で。もちろん、大震災絡みの色々はあるのだけれど、それ以上になんかすごい訃報が多すぎたなぁってのが率直な感想。

世間的にもビン・ラディンだったり、金正日だったりってのがありますが、個人的には団鬼六先生が亡くなったり、家元(立川談志)が亡くなったり、またゲーム関係だと、梅本竜さんや、菅野ひろゆきさんが亡くなったりと、「えっ」と思うような方がいっぱい亡くなりました。特に家元とか、梅本さんなんかは、きちんと会ってお話したことがある人なので、その衝撃は自分で思ってたよりも大きなもんでしたよ。

あー、あとは体力の衰えははっきり感じたな。人間30すぎるととか、35すぎるととか、言いますけど見事に35を過ぎてがくっときた感じはある。上で書いた梅本さんなんか、完全に同世代ですしね…。うん、なんか、いつ何時、何が起きるかわからんもんですよ、ほんと。

自分の生活については、幸か不幸か別段大きな変動もなく、淡々とすごした1年でした。そのせいか、すごく早く感じた1年でした。年を取るとどんどん1年が早くなるとはよく言われることですが、なんだか今年はそれを実感した気がします。これだけ世界が激動した年に、変わらず過ごせたというのは、誇れることなのかも知れない。

まぁ、この年になってくると、自分ができることの範囲ってのはある程度見えてくるのだけれど、多少なりともその枠を跳び越すようなことはやってみたいですなー。どうしてもその枠に閉じこもりがちになるだけに。

このblogもここ2ヶ月くらいはだいぶ不真面目になってしまってるので、ちょっと引き締めなおして、また来年頑張ろうと思いますよ。

皆様、よいお年を。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ノートPC、ネットブック、タブレット。

例によって、かなり今更な雑感なんですが、まぁ付き合ってくれ。

最近、5年もののノートPCの調子がすこぶる悪く、やむを得ず新しいのを注文しました。んでまぁ、ふとノートPCの必要性について、色々考えてたわけだ。

自分の場合、どうしてもノートPC使ってコアな作業をやる必要性があるので、それなりのパワーがあるノートPCは必須なのですが、そもそもノートPCに限らず、まともなPCが必要な人がどれだけいるのかって思うと、実はかなりマイノリティなんじゃないかと。

しばらく前から、デスクトップPCは結構普及していて、その後ノートPCの波が来て、ネットブックの波が来ました。ネットブックが世を席巻していた時も「大体の人はコアな作業なんてやらないから、ネットブックくらいのパワーのマシンでも問題ないよね」なんて話はよくしてたわけですが、最近はiPadをはじめとするタブレットが猛威を振るってますよね。ネットブックは曲りなりにWindowsPCでしたけど、タブレットとなると異なるOSで動いてて(まぁ、Windowsが動いてるものもありますが)、そもそも、製品のベクトルが変わっちゃってるわけですな。

とはいえ、冷静に考えて、PCなどの端末を何に使うのかといえば、大体の人はメールにウェブ巡回、あとは最近だとSkypeとか、mixi/twitter/Facebookとか、概ねネットワーク端末としての用途が多いと思うんですよね。あとは、音楽再生とか、動画再生とかまで含めれば、相当な割合のユーザーはカバーできる気がする。

そして、その程度の用途なら、タブレットで十分なんだよなぁ。ネット端末として使うなら、フルキーは触る必要がないし、設定とか色々面倒なことも多いWindowsPCより、iPadとかの方が楽な部分も多いだろうしね。電源入れてすぐにアプリが使えるってのは、ものすごいアドバンテージだと思うしね。

まぁ、そういうことを考えていくと、PCはある時期に一気に一般化したわけですが、ことパーソナルユースという観点では、しばらくすると、またマニアの製品に戻っていくのかなーなんてことをつらつらと考えておりました。

もちろん、ビジネスの世界で、タブレットがPCに置き換わっていくなんてことは夢にも思っちゃいませんが(出先用の通信端末という意味なら、それなりの地位は獲得しつつあるけどね)。

もし、そういうことになったら、それはそれで寂しいものがあるなぁ…。やっぱりPCの救世主はゲームなんかねぇ。いや、その時点でやっぱりマニアック路線は避けられんな(苦笑)。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

イベントラッシュおわた…。

とりあえず、土・日・月・火と4日続いたイベントラッシュが終わってまったりしています。

いや、昨日書こうと思ってたのが、すっかり一日ずれてるのは気にするなw 4日で5公演、しかも月火は普通に仕事してからの夜公演っていう、自分でもよくわからない状況でしたからねぇ。

土曜が扉座「紺屋高尾」と、水樹奈々ライブ。日曜がリスアニ!LIVE。月曜が志らく一門会で、火曜が志ら乃独演会とという感じでして。紺屋高尾と、落語会2つは個別記事で感想書いてるので、そちらを見てもらうとして、あとのふたつについて、雑感を。

奈々様のライブのついては、まぁ完全にミーハー精神で行ったわけですが。97年の声優初の武道館(へきる先生)を見た人間としては、やっぱり声優初の東京ドームは見ておくべきだろうという。でまぁ、東京ドーム公演を見て、きちんと段階を踏んでここに来たんだなぁというのは強く感じました。武道館とかだと「あぁ、だいぶ無茶して開催してるんだなー」と思う公演は少なからずあるんですが、そういう印象はまったくありませんでしたね。東京ドームでやるのが自然なことという感じで。

自分が見てた場所は、2階席のかなり上の方だったんですが、それでも空席はほとんどありませんでしたし、サイリウム持ってないような人はまったく見かけなかったからねぇ。わたしみたいな、ある意味外様な人はそれなりにいるのはいるんだろうけど、きちんとその手のライブの文脈の中では楽しんでましたしね。

まぁ、何よりライブ自体もドームじゃなきゃできないようなことをバンバン仕掛けてましたからねぇ。さすがに、気球に乗って奈々様が登場したときは、どうしようかと思いましたが(苦笑)。

次は日曜日のリスアニ!LIVE。完全にアイマス目当てですがね。最近見てるアニメがかなり偏ってるなーってのを、改めて実感する場になりましたなw 知識として何のOP/EDかっていうのはわかっても、ちゃんと見てないからわからんみたいなのが存外多くてなー。まぁ、根本的にわたしゃ知らない曲でも普通に楽しめる性質なので、その辺は気にならんのですが。

で、目当てのアイマスガールズですが、やっぱりバンドを従えてのライブってやったことがないから、イマイチうまく使えてなかった感じですね。アレンジも会場煽るような作り方になってないし、バンド使った煽り方も実際わからんだろうし。そういう意味では、バンド置いてるのに慣れてる人たちは、きちんとバンドを使った客席煽りができていて、いいなーと思った。

しかし、リウムの振り方からして、それほどガチなアイマス勢は多くなかったと思うんですが、ガチ勢じゃなくても、あれだけ動いてくれるっていうのは、素直に感心したなぁ。なんだかんだで、アイマス曲は普通に浸透してるんだなぁと。吉田アナのインタビュー時に、自己紹介にあわせて、きっちりリウムの色変えてた人達が、多分ガチ勢だと思うw インタビュー時はリウム振ってる人数こそ少なかったものの、きっちり色揃ってたからねwww

まぁ、そんなわけで、怒涛のイベントラッシュが終わりました。あんまり無茶はするもんじゃないねー。でもまぁ、楽しかったからいいかw

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

さらば、WILLCOM。

彼の会社に何かあったというわけではなく、極個人的な話ですが…。

今日付けでWILLCOMのPHSデータカードを解約しました。途中契約切り換えたりってことはしたけれど、最初に契約してから、完全に契約がなくなったのは初めてだなぁ。記録を調べてみると、一番最初は、DDIポケット時代の1999年の5月なので、12年半の付き合いだったんだなぁ…。

契約した頃は、ベンチャーでバリバリやってた時代なんで、外でメール取るために契約してたんだよなぁ…。

そっから、ずっとデータカードで、今のが4代目かな、多分。といっても、ここ半年くらいはもう使ってなかったんだけどな…。今は300kのb-mobileが主戦力なのでなー。文字ベースの通信が中心なので、そんな速度で問題なかったりするのです。

しかし、最近のAIR-EDGEは今一魅力なくてなー。ずっとやってる新規契約だと端末代込みで、新つなぎ放題が980円ってのはどうなんだっていうね…。ぶっちゃけ、今回解約したのも、そのプランでちょうど2年のタイミングだしな。新規取りに行くのはいいけど、データカードなんて電話番号維持する理由はないんだし(そもそも電話できないし)、継続を躊躇うような施策はどうなのよっていうね。

だって、今の契約だと来月から4000円近いのに、新規で契約し直せば、2年間は端末代込みで月々980円なんだぜ。継続する理由がないっての…。必要になったら改めて契約すれば問題ないし。

こういうのはどこのキャリアも同じではあるけど、電話番号とメアドの縛りがないデータカードでもやる理由が今一つわからんわ…。

まぁ、そんなわけで長年使ったWILLCOM契約がなくなりましたよってことで。たかだかそれだけのことで、微妙なノスタルジイを感じているのは、捨てられない男の典型だなぁと思いつつも、性分ではあるからなー。メインのメアドとかも、1996年から変わってないんだぜw

WILLCOMさん、長い間、お世話になりました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

ひぃす

Author:ひぃす
不惑に到達したナンチャッテSE職。日常や、アイマス・サクラ大戦・芝居・落語など、趣味のことを適当に書き綴ります。
twitter: heath_77

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
スポンサーズリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。